特集(エディターズPICK)
2015/05/22(金)
今すぐ始める! 緊急ダイエット計画

朝井麗華式シェイプアップ 速効“やせ見え”マッサージ

ダイエットせずとも、ひと手間で“やせ見え”できればうれしいもの。"日本一予約のとれないサロン”を主宰するカリスマ整体師・朝井麗華さんが、簡単に、かつ自分の手でメリハリボディを形づくる技を、エル・オンライン読者に伝授!

> <

6/6

朝井麗華さんがスリムな理由

photo : Mami Ishizawa   realization : Satoko Takamizawa

SLIMMING SECRET

朝井式デトックスを支える、3つの日課

TIPS 1/逆立ちで、むくみをリセット!
全身を巡っている血液や体液だけれど、運動不足な現代人はどうしても下半身に滞りがち。また、内臓も重力に引っ張られるから下へと下がっていってしまう。そんなむくみや下垂を一発逆転させるのにおすすめなが「1分逆立ち」。下半身のハリや胃腸の下垂、それに首のコリ解消にも効果的なのでぜひトライを。余裕がある人は、逆立ちしたあと片側ずつ、足先をブラブラさせるとさらに効果アップ。
 
TIPS 2/クレイを飲んで、内側からキレイに
ピカピカの美肌を誇る今となっては不思議だが、かつてはアトピーやにきびに悩まされた経験のある朝井さん。その克服に役立ってくれたのが、「クレイを飲む」というインナーデトックスだそう。体内の毒素や老廃物を吸着して排出してくれるため、飲み続けることで体調がよくなったという人が続出。
マリアス グリーンクレイ 1㎏ ¥8,000 (『気・Reika』でも取り扱いあり)
※日本ではクレイ内服は認められていないため、実践する場合は自己責任において行ってください
   
TIPS 3/包み込むショーツより、Tバック&タンガ!
お腹やヒップを包み込むショーツは、冷えやむくみによさそう。けれど、日中はTバックやタンガを履くのが朝井式。「布の面積が小さくて冷えるかと思いきや、むしろその逆。そけい部には太い血管が通っていますが、包み込むタイプのショーツはその血管やリンパを圧迫してしまうんですね。Tバックやタンガに切り替えてみたら、冷えるどころかむしろポカポカに」。
ハンキーパンキー タンガ 各¥2,800/ブティック・シーン 
   
[POINT]
締めつけを嫌う朝井さんは、眠るときは全裸なのだとか。たくさん着込んだり包み込むだけが冷え対策ではないのだと心して。血液や体液が回り、不要なものを溜め込まない体になれば、自ずと健康でキレイになれる!

  • 朝井 麗華さん

    【プロフィール】

    朝井 麗華さん

    Reika Asai/美容家・経絡整体師。恵比寿にてプライベートサロン『気・Reika』主宰。アロマテラピーや東洋医学、中国整体推拿を融合させたオリジナルのメソッドが評判となり、瞬く間に「日本一予約のとれないサロン」に。自身のバストをCカップからEカップに育てたのをはじめとして、顔立ちやボディをオールハンドで蘇らせるテクニックで業界を牽引している。2015年7月にKADOKAWAより、ボディラインの崩れや疲れの原因となるコリ解消を指南する書籍を発売予定。
    http://ki-reika.com

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト