インタビュー 2015/9/3(木)

フランスの最旬イケメンが“LOVE”を語る!

本国フランスで絶大な人気を誇るシンガーソングライター、ジュリアン・ドレ。『エル・ジャポン』10月号のパリ特集では、おすすめのデートコースを案内してくれたジュリアンに、恋愛についてたっぷりインタビュー。

>
<

ジュリアンが影響を受けた本は、環境活動家でもある作家、ピエール・ハビ(Pierre Rabhi)の著作だそう。「現代の消費社会において、よりシンプルに生きることが幸せにつながる、と提唱している人。謙虚であること、人間関係や愛、自然に焦点をあてた生き方について書いているんだ」

2/3

“自分らしさ”をもった女性に惹かれる

―これまでで最高だったデートについて教えてください。
初めてのデート。これからどんなにたくさんデートを重ねたとしても、一生覚えているものだと思う。
 
―どんな女性のファッションが好きですか?
自分らしさのあるスタイルが好きだね。逆に好感をもてないのは、他の誰かになろうとしている人。
 
―“自分らしさ”は内面においても重要ですか?
もちろん。性別を問わず、自分らしさはすごく大事。ある程度の年を重ねて気づくことだと思うけど、自分らしさを発見すること、自分自身であることは魅力的だよ。
 
―どんな女性に惹かれますか?
僕は自分のことをロマンティックな人間だと思っているけど、女性に惹かれる部分は本当にたくさんあるんだ。女性はマジック! とても奥深い魅力があると思うよ。それは外見ではなく、外見を超えて現れてくるもの。
 
―気になる女性にはどうアプローチしますか?
僕はフランスでは有名人だから、なかなか難しいところはあって。有名だと、相手の女性が僕に対するイメージをあらかじめもっているから。シンプルに、自分の素直な気持ちを伝えるのは難しいんだ。でも有名であることの弊害を押しのけて、最後までいこうと努力したときに、それは恋愛になると思う。
 
―あなたは以前、フランス版『エル』の“最もセクシーな男性”にも選ばれていますが、セクシーと言われることについて、どう思いますか?
“セクシーな男性”に選ばれたのはとても誇らしいことだけど、それ自体を真に受けず、ユーモアをもって受け止めようとしているよ。「セクシー」という言葉の一義的な意味で捉えるのではなくて、それを楽しむぐらいのスタンスでいたい。それよりも、誰かと出会ったときに、相手が自分のことをどう受け取るのか、のほうが大事だと思ってる。
 
―あなた自身、シャイな部分がありますか?
10代のころからシャイで控えめで、今でもそうだと思うけど(笑)。だからこそ音楽をやっているんだ。ステージに立つことで、自分のシャイな部分を克服しているところもある。ステージで歌うことと、控えめな本来の自分との間には距離があるんだ。有名にはなったけど、他人を尊重すること、他人の意見を聞くことは心掛けるようにしてるよ。周りは盛り上げてくれるけど、傲慢になって人の話を聞かないのは嫌なんだ。

「フランスの最旬イケメンが“LOVE”を語る!」トップへ

photo : Masaru Mizushima

  • 『エル・ジャポン』10月号をチェック!

    『エル・ジャポン』10月号をチェック!

    『エル・ジャポン』10月号は、パリ特集! 憧れの街、パリが急速に変化している! 自由でエネルギーあふれる若い世代の息吹が花の都に新たな表情をプラス。今ホットなアドレスから、パリジェンヌの御用達、ライフスタイルショップ、ヘルシーグルメまで、パリのトレンドスポットを徹底網羅。そのほか、今季大豊作なアウターカタログや、2015下半期に見るべき映画特集など、多彩なコンテンツでお届け。

    購入・詳細はこちらへ

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へインタビュー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト