特集
2017/02/13(月)

第59回グラミー賞の名・珍場面を最速レポート

現地時間2月12日(日)に開催された第59回グラミー賞授賞式。今年はアデル、ビヨンセ、ケイティ・ペリーと豪華なアーティストが会場に勢ぞろいした。華やかなパフォーマンスから意外な出席者まで、見逃せない7つの名場面をピックアップ!

> <

1/7

ジェームズ・コーデン(James Corden) photo : Getty Images

ジェームズ・コーデン(James Corden) photo : Getty Images

司会のジェームズ・コーデン、セレブを巻き込み豪華なカープール・カラオケを披露!

今年司会を務めたのはコメディアン&俳優のジェームズ・コーデン。オープニングから階段を踏みはずすパフォーマンスを見せたり、ラップを披露したりと大活躍!

「ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン」で有名なジェームズ。中でもセレブたちとドライブしながらカラオケで歌う「カープール・カラオケ」が大人気だけれど、なんと授賞式でもカープール・カラオケを披露! ダンボールで作った車とともに客席のジェニファー・ロペスの横に座ると60年代のニール・ダイアモンドのヒット曲「スイート・キャロライン」を大熱唱! ニール本人やキース・アーバン、ジョン・レジェンド、さらにビヨンセとジェイ・Zの愛娘ブルー・アイヴィーちゃんまで車に駆け寄って一緒にカラオケ! グラミー史に残る名場面の1つになること間違いなし。

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト