海外セレブゴシップ 2014/10/23(木)

ケシャVSプロデューサーの裁判が早くも泥沼化?

先日、契約解消を求めてプロデューサーのDr.ルークを訴えたケシャ。なんと彼女の主張に矛盾があることが発覚!

ドクター・ルーク(Dr. Luke),ケシャ(Ke$ha)

ドクター・ルーク(Dr. Luke),ケシャ(Ke$ha) photo :Getty Images

先週、契約解消を求めてプロデューサーのDr.ルークを訴えたことが発覚したケシャ。「性的、肉体的に暴行を受け、精神的にも虐待された」というショッキングな告訴理由が明らかにされたそう。ケシャによると18歳でルークと契約してから性的虐待を受け続け、ドラッグやアルコールを無理に飲まされたこともあるとか。一方、ルークはこれを全面否定! 「ケシャは作り話をして契約を無効にしようとしている」と主張、名誉毀損と契約違反で逆告訴したそう。

すでに両者の訴えが真っ向からぶつかっているけれど、今週に入りさらに事態は混迷。Dr.ルークの弁護士が、2011年にケシャとDr.ルークが当時のケシャのマネージャーに報償金の不払いで訴えられたときの宣誓供述の開示を要求。その供述のなかでケシャは、ルークにドラッグを無理矢理飲まされたり、もらったりしたことはないと否定。さらに「性的な関係があるか」という問いにも「いいえ」と答えていたとか!

ケシャの弁護士はこの過去の供述に対して「この供述のときにもルークは性的虐待について隠すようにケシャを脅していた」とコメントしているそう。どうやら両者の弁護士とも闘う意欲満々! 妥協する気ゼロの両陣営がどう決着をつけるのか、今後の展開に要注目。

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト