海外セレブゴシップ 2016/9/2(金)

レニー・ゼルウィガー、「幸せは子どもが決めるものではない」

今年の秋日本でも公開される映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』で妊婦のブリジットを演じたレニー・ゼルウィガー。プライベートでママ願望はあるのか、という質問に率直な答えを返したそう。

レネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger) photo : Getty Images

レネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger) photo : Getty Images

エンタメサイト「エクストラ」のインタビューに答えたレニー・ゼルウィガー。映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』で妊婦を演じたことがきっかけで「プライベートでも赤ちゃんが欲しくてたまらなくなった?」と聞かれると、レニーは「人生で何かをそういう風に熱望したことはないわ」ときっぱり否定。
 
レニー曰く「私は起きる可能性のあることすべてに対してオープンなの。次に何が起きるかについて好奇心を持っている。でも幸せになるために、人生や何かを計画して決めたことはない」と語ったとか。子どもを持つことを否定しているのではなくて、幸せは子どもの有無で決まるものではない、と説くレニー。ちなみにブリジットというキャラクターについても説明。「彼女は完璧でなくてもいいとみんなに教えてくれているの。人生のその時々で“こうしなくてはいけない”とか“こう見えなくてはいけない”“これを達成していなくてはいけない”という社会的なプレッシャーを感じるもの。そういう考え方に彼女は立ち向かっているのよ」とか。
 
ドジでキュートなブリジットだけれど、こう聞くと深い! ブリジットにまた会える日が楽しみ。

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト