海外セレブゴシップ 2013/2/1(金)
海外セレブゴシップ

リアーナ、遂にクリス・ブラウンとの復縁を認める

新曲「Nobody's Business」でクリス・ブラウンとコラボ、意味深な写真をツイッターに投稿し続けていたリアーナがついに『ローリング・ストーン』誌のインタビューでクリス・ブラウンとの復縁を公式に認めた。

リアーナ(Rihanna)、遂にクリス・ブラウンとの復縁を認める

リアーナ(Rihanna)  photo : Press Association/AFLO

表紙で美しい写真を披露してくれたリアーナが、クリス・ブラウンとの復縁について詳しく語ってくれた。インタビューのタイトルは、皮肉にも「Crazy in Love」……。
 
「私は彼に私を失うことがどんな感じか知ってもらいたかったの。あの(DVによる)結果から感じることをね。だから、この復縁で起きた騒動は私をぶちのめしたわよ。例えば、ああもう、今はもう冗談にしなきゃやってられないって感じ。だけど私は私自身に正直になってみたら、自分が感じている気持ちを封じ込めておけなかっただけなのよ」
 
「この決断は私自身が幸せになるということよりも重要だった。だから私は誰のどんな意見も通さないことにしたの。もしこの決断が間違っていたとしても、それは私が犯した間違いで、ほかの誰のものでもない。私は長年ひどい精神的苦痛にさいなまれて、いつも怒って暗い気分でいたの。それなら自分に正直に生きて、この復縁を選びとろうと思ったの。私なら扱えるもの」
 
「外野からくる意見が、必ずしもあなたの世界を埋める素晴らしいパズルのピースになるとは限らない。みんなは私たちがどこかを歩いたり、ドライブしたり、スタジオやクラブにいるとこを見て、みんなは自分がどう思うか考えるでしょ。だけど今は(前回とは)違うの。前回みたいなタイプの言い争いはもうしないわ。 私たちはそのこと(クリスのDV行為)について話し合ったの。私たちはお互いの価値を分かってる。 私たちは今お互いがもっていることに関して正しい知識をもっていて、今はそれを失いたくないの」
 
もしクリスが以前と変わらぬ態度を示すなら、リアーナは彼を捨てると公言。
 
「彼は前みたいな目にもう一度遭いたくないのよ。これは単なるオプションではないわ。何もかもが永遠にうまくいくとはいえないけど、私は彼がそのことに対してうんざりしているってことを知ってると確信できるわ。もしそういった(DVの)可能性が考えられたら、私はこんな結果にたどりつかなかったわよ」
 
「彼は間違いを犯したわ。そして彼はその過ちをつぐなった。彼はあまりにも多くの代償を支払ったわ。私は彼がまたそんな状況に戻りたくないことを知っているし、それに誰だって、誰かに助けてもらったり、勇気づけてもらったりすることは必要なはずよ。馬鹿げた批評やバッシングをする代わりにね」
 
当のクリス・ブラウンはつい先日もフランク・オーシャンに暴行を働いたと警察から嫌疑をかけられているところで、「TMZ」に「クリス・ブラウンには友達がひとりもいない」という題名のユーチューブビデオを作られたばかり。
 
うん、リアーナ、それって精神心理学的にいうと正義感が強い人が陥りがちな典型的な依存・共依存のゲームって言うんだよ(泣)このふたりに必要なのは専門家による助けと真に彼らのことを思ってくれる友人の存在かも。

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト