エディターズPICK 2014/11/5(水)

オルセン姉妹に訊く“ファッションのこと、NYのこと”

エフォートレスラグジュアリーなオフスタイルから、BOHOシックなドレスアップ術まで、ファッショナブルなライフスタイルが憧れを集めるオルセン姉妹。彼女たちが手掛ける人気ブランド「エリザベス アンド ジェームス」をはじめ、モード界でも名実ともに活躍する二人に、ファッションのこと、そして今暮らすNYのことをASK!

オルセン姉妹に訊く“ファッションのこと、NYのこと”

アシュリーがデニムスタイルとのコーディネートにおすすめする“ジャック サッチェル”バッグ¥79,000/エリザベス アンド ジェームス(コロネット)

今日から真似できる、オルセン姉妹のファッション哲学

――ファッションアイコンとしても注目を集めるお二人ですが、おしゃれのポイントについていくつか教えてください。まず、着こなしの鍵となる定番アイテムは何ですか?
 
MKO:仕立ての良いブレザーに、柔らかいTシャツ、デニム、それからローファー。
 
AO:シルクブラウス、デニム、スカーフやストール、それからバッグ。どれも私には欠かせないアイテム。いずれも着心地の良さが重要ね。
 
 
――もし“白シャツとデニム”にあと一つアイテムを加えるとしたら?
 
MKO:ジャケットね。「エリザベス アンド ジェームス」の“リラックスト ジェイミー ブレザー”を加えるわ。
 
AO:「エリザベス アンド ジェームス」の“ジャック サッチェル”バッグ。この秋冬シーズンに提案している、新しいバッグのスタイルなの。従来のデザインよりも、さらに構築的になったわ。

オルセン姉妹に訊く“ファッションのこと、NYのこと”

(左から)ジャケット¥66,000 パンツ¥47,000 トップ¥42,000 スカート¥54,000(ブラックのみ展開)/すべてエリザベス アンド ジェームス

 
――では、ドレスアップするときのキラーアイテムは?
 
MKO:仕立ての良いスーツを着れば、瞬く間にスタイルがまとまるわ。たとえば「エリザベス アンド ジェームス」なら、“マディソン ジャケット”と“ハーロウ トラウザー”のセットアップ。ティアードタイプのイヤリングを、アクセントに取り入れても面白いかも。
 
AO:私たちの秋冬コレクションにある、シルクのロングスカート。このアイテムはシンプルだけどシック。同じ素材を使った“サテン パイパー トップ”はもちろんぴったり合うし、クラシックな白のB.D.シャツとコーディネートするのもおすすめ。
 
 
――最後に、プライベートについて質問です。多忙な毎日ですが、どうやって息抜きしていますか?
 
MKO:私は寝だめをして、それから乗馬をしたりしているわ。
 
AO:コレクションを発表した後、すぐにマーケティングを始めて、それから間もなく次シーズンのコレクションのデザインに取り組んでいるわ。だから、たくさん息抜きの時間があるわけではないのだけど、ヨガをしてリラックスしています。
 
 
――二人にとって、NYとはどんな街ですか? お気に入りの場所を教えてください。
 
MKO:とても便利な街。レストランなら「The Smile」、テイクアウトなら「Smile to Go」がナイス。
 
AO:NYには他の街にはないエネルギーがあるわ。 ただ街中を歩くだけでもインスピレーションを与えてくれる。建物からひらめくこともあるし、街ゆく人たちをながめる時でも。もしステイするなら「The Greenwich Hotel」に行ってみて。

2 / 2
1 2
  • 「エリザベス アンド ジェームス」のコーナーショップが関東初オープン

    玉川髙島屋に誕生した、待望のショップ情報はこちらをチェック

  • 問い合わせ先/コロネット tel. 03-5216-6516
    http://www.coronet.co.jp/

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト