特集(エディターズPICK)
2015/08/07(金)
ELLE×MEN’S CLUB LOVE TEST

【第一回・初デート編】恋愛遺伝子は存在する? エル×メンクラのエディターがマッチング実験!

『エル・ジャポン』9月号「女の決断」特集で掲載したUS版エルのリポート「エル×エスクァイア」編集者の恋愛マッチング実験。初対面の2人が最新の遺伝子検査、心理テスト、カウンセリングによる相性診断やデートを通して、果たして恋人になる可能性はあるのか?という内容。気になるその結果は本誌で確認いただくとして、日本でも同様にエル・エディターが実験をスタートします! お相手は男性誌『メンズクラブ』の編集者。同じ会社ながらなかなか接点のない2つの編集部から初のカップル誕生となるか? 初デート、遺伝子検査、二度目のデート、婚前カウンセリングという全4回のリポートを予定しているので、ぜひ一緒に行方を見守って!

> <

1/2

photo : GettyImages

photo : GettyImages

ドキドキのファーストデートを最速リポート!

Case1:エル・エディターT×メンクラ・エディターK

【エル・エディターT】
カウンター席のスペインレストラン。程よく周りのざわめきが聞こえ、かしこまりすぎない雰囲気。さすがメンクラ編集者!と言わざるを得ない店のチョイスに感嘆しつつ、食事会はスタートした。
  
トークテーマは仕事や趣味など、当たり障りのないパーソナルな内容。同じ社内なので共通の知り合いや話題も持ち出せて、気の置けない時間は過ぎていく。なかでも印象的だったのは、恋愛・結婚観に話が及んだときのKさんの言葉。
「唯一無二だと思える相手がいるかはわからない。これからも盲目的に人を想うことがあるかもわからない。でも、相手のよいところもそうでないところも含めて、ずっと一緒にいられることが縁。それがいい関係性なんだと思う」。この言葉に妙に納得してしまった。もしかすると(いい年こいて)夢見がちに恋愛探ししている男性より、ずっと思考がクリアで理性的な考え方の人なのかも。
  
デートを終えて感じたKさんの印象は、清潔感のある頼もしい先輩。もし同じ部署の先輩として知り合っていたら最高に頼れそう。社交性もあってコミュニケーション力も高い。正直、この企画の顔合わせとして初めて会社内で会った第一印象は、やる気をあまり感じず(感じすぎてもアレですけど)、どう始めるか悩んだ。でも、第一印象が当てにならないケースもあるのね、と初めて知りました。
  
帰り道、ぼんやりとお店選びから会話の振りまで、コチラに気を使わせない気遣いの賜物だったのかもと、今日の3時間に思いを巡らせる。さらに好感度を上げずにはいられない!
  
  
【メンクラ・エディターK】
この企画が決まってから最初のデートまでの間に、社内のエレベーターなどで何度か顔を合わせた。なんとなく気まずいムードだったが、一度、偶然ランチの店が一緒で、たまたま隣同士で食事することがあった。そのとき、お互いに転職組で、前職ではかなり近い場所で働いていたことがわかり、やや緊張がほぐれて楽になった。この偶然無しにデートに突入していたら、かなりギクシャクしていたような気もする。
  
そしてデート当日、六本木のスペイン料理屋で待ち合わせ。先日のランチで気持ちがほぐれたはずが、やはり緊張。カヴァと白ワインをガブ飲みし、なんとか自分を奮い立たせ(脳を麻痺させ?)、会話を続ける。気がついたら酔っていて、楽しく会話していた。
女性らしいふわふわヒラヒラしたファッションや、意味のない笑顔や返事をする人が苦手なので、その点Tさんはショートカットでシンプルなモード系のファッション。利発そうな話し方も含めてどちらかといえば、好みの範疇だ。
  
かなり気が合ったのか話に夢中で、Tさんが頼みたいと言っていたイベリコ豚の注文を忘れていた。せっかくTさんが事前に店のHPで料理をリサーチし「食べたい」と言っていたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。とりあえず、共通の話題が多く、食事の趣味も合いそうだ。
  
互いの恋愛話のときに、Tさんいわく「数回のデートで手を出してくる男には怒りしか湧いてこない」というので、この企画はクリーンな心理戦で進んでいくんだなと確信。恋心が芽生えるには時間がかかるのかもしれない。「オトナの恋愛の始め方がわからない」とも言っていたが、男が思う本当のことを言ったら気を悪くされそうだったのでこれは封印した(笑)。
  
話が盛り上がったので、2軒目へ行こうということになったが、適当な店が周囲になく、とりあえずはお開きに。まず第1回目は社内で話せる女友達ができてよかったという段階だ。

    • エル・エディターT 36歳。主にエル・オンラインのファッション担当。ガテン系の根性で仕事をこなすものの、至って涼しくみえるクール女子。
    • メンクラ・エディターK 39歳。『メンズクラブ』のファッション担当。仕事もプライベートも段取りが早いメガネ男子。ひとたびメガネを外せばつぶらな瞳。

1/2

< >

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト