>
<

4/4

サーシャ/映像作家[31歳]

「愛とは、心の中を行き来し交差するプロセス」

【Q1. パートナーと付き合い始めるきっかけは?】
現在はステディな彼女はいないんだけど、以前のガールフレンドは友人を介して知り合った子だった。今はネットで友達になった子とちょっとデートしてる状態。
 
【Q2. 好きな女性のタイプは? 実際に付き合う女性と一致してる?】
想像力が豊かで、自立した人が好み。ちょっとクレイジーで意外な面も持ち合わせていて、驚かせてくれるような女の子も好きだな。そのときのライフスタイルやどういう人生を送りたいかによって、好みのタイプも変わるよね。ここ1、2年は、激しく恋に落ちるようなことはなかったけど、今はパッションだけで突き進む恋愛よりも、友情から発展するような自然な愛を探しているのかもしれない。
 
【Q3. 好きになったら自分からアプローチする? 相手の出方を待つ?】
最近恋愛にハマってないので どういうプロセスで恋愛してきたかを忘れかけてるよ! うーん、押しては引き、アタックしては待ち……、というスタイルだった気がする。たぶん(笑)。
 
【Q4. パートナーの好きなところは? 嫌いなところはある?】
以前の彼女は、自分の考えをきっちりといえるところがよかったかな。たとえ僕と違う意見でもね。
 
【Q5. 付き合い始めてからセックスに至るまでのプロセスは?】
セックスについては、僕はとても積極的なほうだと思う。会って2、3回目にはもう自然とそういう流れになる。というか、そういう雰囲気にもっていく。
 
【Q6. 愛とセックスと結婚の関係については、どのように考えている?】
僕にとって愛とは、心の中を行ったり来たり、感情が交差するプロセス。一度体験するとトラウマになってしまうような痛みを残す愛もあるし、深く本質的な愛の感覚というのも経験したね。でもどちらも形が違うだけで、深く心に刻まれる情愛といえる。
セックスは、情熱的な愛情表現のひとつであり、動物的な部分を満たしてくれるもの。
結婚は、法的な形式としか思えないな。恋愛するのも子供をもつのも、自由に考えたいね。
 
【Q7. 今まで一番燃え上がった恋愛は?】
付き合って間もないガールフレンドと、無計画にキャンプに出かけたんだ。道に迷ったあげく、ささいなことからケンカになって、感情的になった僕は彼女を残して車から降りてしまった。でもどこにいるのかすらわからないという状況のなかで、とにかくその場を切り抜けなきゃとお互いに冷静になって。運転を再開してキャンプできる場所を探し、なんとか車を止められそうな河原に行き着いたんだ。でもそこにたどりつくまでにさらにすったもんだあって、心身ともにもうへとへと。夜が明け始めて、日が昇るのを眺めながら2人で裸になって川に入り、そのあと小さな毛布にくるまってたき火をして、ローストしたトマトとチーズ、もってきたワインとバゲットで乾杯した。そのときの夜明けの空が絵画のように美しくて、ずっと心に残っているよ。
  
【Q8. 女性からこれをされたらオチる! という仕草や行為は?】
僕が考えていることを、言葉を交わすことなく察してくれたり、心の中を読み取ってくれたりすること。何ともいえずたまらない気持ちになるんだ。だまってうなずいたり首を振ったりする仕草や、静かなアイコンタクトほど、セクシーなものはないと思う!

「LAメンズのラブ&セックスの実態」トップへ

photo & text: Chika Okazumi

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト