カルチャー 2015/2/26(木)
映画ライターAKIのママン的シネマ案内 その37

第87回アカデミー賞ノミネート作で見つけた、究極の親子愛

先日、大盛況のうちに幕を閉じた2015年のオスカー授賞式。最優秀作品賞&監督賞に選ばれた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を始め、候補作にはさまざまな形の親子の姿を描いたものも多くラインアップ。そこで、これから公開される作品のなかでママン的注目作品を5つセレクト。ぜひ劇場に足を運んで!

>
<

(C) 2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

4/5

崩壊していく母と夫、娘たちの苦悩

仕事盛りの50歳で若年性アルツハイマーと診断されたアリス。彼女が病魔に侵され、次第に崩壊していく姿と家族たちの反応をリアルに描いた人間ドラマ。言語学者として尊敬されていたアリスは、ある日、ランニング中に自分がどこにいるかわからなくなる。言葉を思い出すことも難しくなり、病院で調べてみてもらうと自分が若年性アルツハイマーであることが判明。しかも遺伝によるものだった。ちょうど不妊治療中だったアリスの長女は衝撃を受けるが、やがて出産を決意する。家族の手前、気丈に振る舞い、なんとか病気の進行を遅らせようとするアリスだったが、徐々にこれまでの彼女ではなくなっていく。母に似たエリートの長女にケイト・ボスワース。舞台女優志望の奔放な次女にクリステン・スチュワート。介護する側、される側、そして親のことや、自分のこと、何より子供のことを深く考えさせられる。

  • 『アリスのままで』
    出演/ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ 
    2015年6月27日より公開  
    http://alice-movie.com/

「第87回アカデミー賞ノミネート作で見つけた、究極の親子愛」トップへ

Text: Aki Takayama

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へカルチャー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

ママン・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ESPACE MAMAN

ようこそゲストさん

ESPACE MAMAN

ようこそゲストさん
ログアウト