カルチャー 2015/2/26(木)
映画ライターAKIのママン的シネマ案内 その37

第87回アカデミー賞ノミネート作で見つけた、究極の親子愛

先日、大盛況のうちに幕を閉じた2015年のオスカー授賞式。最優秀作品賞&監督賞に選ばれた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を始め、候補作にはさまざまな形の親子の姿を描いたものも多くラインアップ。そこで、これから公開される作品のなかでママン的注目作品を5つセレクト。ぜひ劇場に足を運んで!

>
<

(C) Les Films du Fleuve - Archipel 35 - Bim Distribuzione - Eyeworks - RTBF(Televisions, belge) - France 2 

3/5

週末に全人生を賭けた主婦の奮闘劇

鬱で仕事を休んでいたサンドラは職場復帰を目指していた。体調も回復したし、小さな子供を抱えて、何より働かなければ家賃すら払えない。ところが雇い主は週明けに全従業員に対して、「彼女の復帰か、ボーナスか」の投票をさせてから進退を決めるという。最初はあきらめかけたサンドラだったが、夫や職場の友だちらのサポートを得て、従業員一人一人の説得に向かう。彼女を支援しようという者も現れるが、不景気のなか、皆の反応は厳しいものだった。何度もくじけそうになる彼女を夫は鼓舞し続ける。庶民の生活に温かい視線を送り続ける名監督、ダルデンヌ兄弟の最新作。アカデミー賞ではフランス語でありながら、サンドラ役のマリオン・コティヤールが主演女優賞候補となった。

  • 『サンドラの週末』
    出演/マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ 
    2015年5月23日より公開 
    http://www.bitters.co.jp/sandra/

「第87回アカデミー賞ノミネート作で見つけた、究極の親子愛」トップへ

Text: Aki Takayama

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へカルチャー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

ママン・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ESPACE MAMAN

ようこそゲストさん

ESPACE MAMAN

ようこそゲストさん
ログアウト