>
<

7/12

てんびん座(9/23~10/23)

【キーワード1】火星のパワーを味方に能動的に動いて

2013年12月8日に行動と戦いの星、火星がてんびん座に入りました。普段は60日ほどで次の星座に移動しますが、今回は、3月~5月に火星の「逆行」があり、7月26日までととても長くてんびん座に滞在します。もう何年もやりたいと思っていたことがあれば、今こそ挑戦すべきタイミング。転職や独立など、何年も関わってきたことからの卒業を本気で考えたいタイミングです。ただ、てんびん座はふたつの選択の間で迷う星座。頭で考えて石橋を叩いて渡らない姿勢よりも、まずはどちらの選択もやってみて答えを出すことが大切なときです。

 
【キーワード2】上司やクライアントの後ろ盾が得られそう

2009~2012年にかけて土星がてんびん座に滞在している間、孤独になり、頼る人が誰もいなかったという人も、2013年後半~2014年前半は、拡大と保護の星である木星がてんびん座の「社会生活とキャリア」の部屋に滞在。2014年は、あなたがやりたいことにおいて応援が得られるとき。精神的に頼れる人がいることで、同じことをやっていても張り合いが違うでしょう。信頼できる会社や組織、グループなどに貢献できることが喜びになります。今いる場所がそうではないという人は転職や独立に挑戦すると、きっと違う世界が開けるはずです。

 
【キーワード3】経済的な障害は夏以降に突破できる予感

土星は2012年秋より、てんびん座の「経済や所有」の部屋にあります。てんびん座のこの部屋はさそり座にあるため、無尽蔵に溜め込む性質があり、今のあなたは、本当にお金がないわけではなくても、「たくさん欲しい」とか「足りない」いう不足感に陥っているかもしれません。でも、経済的に障害を感じていたとしても、2014年7月26日に火星がてんびん座を去りこの部屋に入ると、その障害を打ち破るために動くことになります。こだわりを捨てさまざまな挑戦をすることで、経済的にも基盤が作られ、前に進めるようになるでしょう。

「【12星座別】Sayaの2014年版ハッピー星占い」トップへ

text : Saya Illustration : Keeda Oikawa

  • Saya 
    アストロロジー・ライター。「怖いくらい当たる!」と人気の「エル・オンライン」の星占いをはじめ、『エル・ジャポン』でも好評連載中。著書に 『わたしという星になる 12星座のノート』(マーブルトロン)、『人生について星が教えてくれること for Working Girls』(筑摩書房)ほか。2014年前半の12星座占いが読める「ホロスコープブック」(電子書籍)も発売中。オフィシャルサイトでチェックして!  http://sayanote.com/

    【連載】Sayaの星占い(月2回更新)

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト