>
<

2/12

おうし座(4/20~5/20)

【キーワード1】人間関係のレッスンが促す精神的“自立”

土星は大人になるためのレッスンの星ですが、この土星が2012年10月より、おうし座の「人間関係」の部屋に滞在しているため、おうし座はいつになく厳しい風にさらされているようです。この流れは2014年も続き、特に3~7月は土星が「逆行」するために、甘えが許されなくなる時期です。「◯◯してほしい」「◯◯してくれない」という両親やパートナーに対しての想いを手放すほど開運しそう。土星がこの部屋を去るのはクリスマス・イブを待たないといけないので、2014年を通じ、自分でできることは自分でやるというレッスンが続きます。

 
【キーワード2】仕事ではチームワークを学ぶとき

行動や戦いの星である火星は、おうし座の「ルーティンワークと日常生活」の部屋に入っています。この配置は、2013年12月8日より7月26日まで続き、3月~5月はこの部屋で「逆行」もします。そのため、特に4月後半は、チームのつながりの真価が問われることになるでしょう。もし今までの関係性に少しでも甘えがあると、ここでチームが解散することもあり得るでしょう。この間、7月16日まで、拡大と保護の星、木星は、おうし座の「環境やコミュニティ」の部屋に滞在しているため、あなたを応援してくれる存在も必ずいるはずです。

 
【キーワード3】甘えを捨てて、本当の献身を

もともとのおうし座のあなたは気前もよく、おおらかな人です。このところ、つい甘えが出やすかったのは、これまで多くの人にたくさんのものを与えてきたのに自分にはリターンされないという思いがあなたにあるのかもしれません。でも、ここはじっと我慢をして、自分でできることは自分ですることが大切です。その自立によって、ポジティブな変化が生まれ始めます。7月16日以降、本当の献身を心に決めたおうし座は、甘えられる「居場所」を手に入れることになるでしょう。外で大変なことがあっても、その場所があれば、きっとがんばれるはず。

「【12星座別】Sayaの2014年版ハッピー星占い」トップへ

text : Saya Illustration : Keeda Oikawa

  • Saya 
    アストロロジー・ライター。「怖いくらい当たる!」と人気の「エル・オンライン」の星占いをはじめ、『エル・ジャポン』でも好評連載中。著書に 『わたしという星になる 12星座のノート』(マーブルトロン)、『人生について星が教えてくれること for Working Girls』(筑摩書房)ほか。2014年前半の12星座占いが読める「ホロスコープブック」(電子書籍)も発売中。オフィシャルサイトでチェックして!  http://sayanote.com/

    【連載】Sayaの星占い(月2回更新)

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト