>
<

11/12

みずがめ座(1/20~2/18)

【キーワード1】キャリアアップと大きな責任。ときに軌道修正も

土星は、現実を形づくる星ですが、2012年秋よりみずがめ座の「社会生活とキャリア」の部屋にあるので、2014年のみずがめ座も、達成と責任の運気の中にいます。ただ、土星は選びとっている現実が本来の自分に合わないものであれば、軌道修正をするように教えてくれます。2013年から既に始まっていますが、2014年は、重い責任を引き受けるなかで、もっと先進的なことをやりたいとか、新たな方向を開拓したいという気持ちが出てきそう。ただ、まだ2014年は、手を離す前に仕上げないといけないことがあり、ハードになる予感が漂います。

 
【キーワード2】変容するプロセスでこそ真価を発揮して!

みずがめ座は先進的な意識のもち主ですが、実はまったく新しいものをゼロから作り出すタイプではありません。すでにあるもの、古い伝統を「それだけではない」と否定して、新しい価値を生み出します。ただ、2008年よりみずがめ座のひとつ前の部屋には変容の星である冥王星が入っているので、みずがめ座が頼りにしてきた保守的な世界や反抗する相手が揺らいでいます。あなたにとっては絶対確実なはずの内的世界が揺らいでいる、その不安は2014年も続きます。古いものが壊れるなかで、みずがめ座の本当の力が問われていくでしょう。

 
【キーワード3】7月以降、パートナーの出現も。運命的な変化のとき

でも、あまり心配しないで。大きな責任にあえいでいるときは、とかくその状況を変えられないと思いがちですが、こうしたときは、自分で決めなくても変化の波がやってくる可能性があります。7月16日には、拡大と保護の星である木星がみずがめ座の「パートナーシップ」の部屋に入ります。ここからの1年、あなたにはパートナーが出現する予感。電撃的な結婚、あるいは二人三脚の仕事の協力関係。あなたが求めていたフェアな関係を実行に移せる好機です。クリスマス・イブに土星が「仲間や未来」の部屋に入ると、さらにこの関係は強化されていくでしょう。

「【12星座別】Sayaの2014年版ハッピー星占い」トップへ

text : Saya Illustration : Keeda Oikawa

  • Saya 
    アストロロジー・ライター。「怖いくらい当たる!」と人気の「エル・オンライン」の星占いをはじめ、『エル・ジャポン』でも好評連載中。著書に 『わたしという星になる 12星座のノート』(マーブルトロン)、『人生について星が教えてくれること for Working Girls』(筑摩書房)ほか。2014年前半の12星座占いが読める「ホロスコープブック」(電子書籍)も発売中。オフィシャルサイトでチェックして!  http://sayanote.com/

    【連載】Sayaの星占い(月2回更新)

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト