特集 2016/1/21(木)
空飛ぶソムリエールのワイン・ダイアリー from Hong Kong/Emi

香港流ワインペアリングから香港産ワインまでを徹底レポート!

連載企画「空飛ぶソムリエールのワイン・ダイアリー」。各国エアラインのソムリエ資格を持つキャビンアテンダントたちが、ご当地ワイン事情をレポート! 香港を拠点とするキャセイパシフィック航空のEmiさんが、香港らしいワインの楽しみ方や香港産ワイン(!)について取材してきてくれた。

長い夏が終わり、この時期を迎えると、香港は湿度も低くなり1年を通して1番過ごしやすい季節になります。安定した天気が続くので、屋外でもいろんなイベントが目白押しです。11月に行われたワインの一大イベント「WINE&DINE FESTIVAL」は今年も大盛況でした。世界中のワインやお酒、それに合わせてのフードのブースがいくつも立ち並び、参加者はみなプリペイドカードを利用して好きな飲み物や食事を自由にテイスティングすることができるスタイル。 敷地内ではさまざまなイベントも催され、ワインを片手に音楽を聴いたり、ワインレクチャーを受けたり、仲間どうしでワイン談義に花を咲かせたりと、昼からスタートしてもあっという間に夜景を楽しめる時間になってしまうほど、大勢の人達が長い時間思い思いのスタイルで賑わっていました。 

香港流ワインペアリングから香港産ワインまでを徹底レポート!

このワインフェスは、わざわざ海外からやってくるファンも多いほどの人気イベント。毎年少しずつ改善がなされ、今年は会場に人工芝やレンガが敷き詰められて、砂埃を立てずに快適にワインを楽しめるよう整えられていました。立ち飲みが苦手なアジア人には座るところが少ないのが難点ですが、シート持参でピクニックのように楽しむ人たちもいました。こんなイベントがあるのも、2008年にワインなどのアルコール度30%以下の酒税が免除され、香港がアジアにおけるワインの貿易と流通のハブを目指しているおかげなのです。ワインのオールドワールドとニューワールドの中心に位置する香港には、世界中のワインが集まるってくるのですが、実はここ香港にも、国産ワインがあるんです。 
 
それが「The Urban Project」。年間を通して湿度が高くぶどうが育ちやすい環境ではない土地で、ワインが作れるの?って思っちゃいますよね。 実はぶどうはフランスやアメリカ、オーストラリアで買い付けたものをベストな状態で凍らせて、それを温度管理された船で輸入し、醸造に関するすべての行程を香港で行っているワインなんです。ワイン造りに必要な機械や熟成させるための樽も、ぶどう同様ベストなものが海外から輸入されているので、“ベスト オブ ザ ワールド”のいいとこどりのワインなのです。 

香港流ワインペアリングから香港産ワインまでを徹底レポート!

上の写真左が、オーナーのエディ・マクドゥーガルさん。若くてイケメンの彼は、会社名でもあるまさに“フライングワインメーカー”で、世界中を飛び回るワインのエキスパート。その彼が香港のオリジナルワインとして手がげたのが、上の写真右にある3本です。アメリカ・ワシントン州産のシャルドネとソーヴィニヨンブランをブレンドした白ワインとフランス・ボルドー産のメルロー単一品種のワイン、そして同じくボルドーのカベルネフランとのブレンドワインです。そしてまもなく、南オーストラリア・マクラーレンヴェール産のグルナッシュの単一品種ワインが2010年のビンテージでリリースされるとのこと。
世界中の食と文化が交わるここ香港で、さまざまな料理とペアリングして楽しめるワインとして、彼の経験と知識が活かされ造られたワイン。まさに“アーバン”なコンセプトで作られたワインは、ラベルにもこだわりがあるのだとか。それぞれ古き良きイギリス統治下時代の香港のシンボルであった人力車、サンパン、そして旧香港国際空港の啓徳空港が描かれています。懐かしさのあまりジャケ買いしたいと言ったら歳がばれちゃいますが、このユニークなラベルも香港土産に重宝される理由のひとつのようです。

香港流ワインペアリングから香港産ワインまでを徹底レポート!

セントラルにある「the Flying Winemaker(ザ フライング ワインメーカー)」のオフィスでは、月替わりでリージョンを変えたワインテイスティングが企画され、メンバーやネットで申し込みした参加者が集います。ブラックボードに書かれているのがワインテイスティングのスケジュール。香港ではこうしたワインテイスティングが、ワイン輸入会社やワインショップ、レストラン、バーなどで個性豊かに企画され、ワイン愛飲家たちが気軽に参加できるのも魅力です。アフター5や食事前のアぺロタイム(香港ではハッピーアワー)といった時間を利用できるとあって、値段的にもリーズナブル。ちょっとしたお稽古感覚で参加できるのがうれしい。ツーリストでも事前に申し込んでおけばおいしい&楽しい体験に、プラスお土産探しもできるチャンスになるはずです。
ちなみに、下の写真左は、香港で1番チェーン店の多い「ワトソンズワインショップ」。こちらでも、いろんなイベントが企画され、またお店に併設されたバーで気軽にワインをテイスティングすることもできるので要チェックです。
 

香港流ワインペアリングから香港産ワインまでを徹底レポート!

上の写真右は香港のちょっとハイエンドなスーパーマーケット「citysuper(シティスーパー」セントラル店のワイン売り場に併設されているバー。香港のメジャースポットには必ずあるアクセス良好のスーパーで、最近リニューアルされたセントラル店では前菜と一緒にワインをサクッと楽しめるようなバーカウンターも併設されています。  
 
「ザ・フライング ワインメーカー」
604-605 Yu Yuet Lai Building, 43-55 Wyndham Street, Central
tel. (852)2522-2187
営業時間/10:00~18:00(木曜と金曜は、~22:00)
定休日/土曜、日曜
http://www.flyingwinemaker.asia
 
「ワトソンズワインショップ」
http://www.watsonswine.com/WebShop/Home.do
 
「シティスーパー」
http://www.citysuper.com.hk
 
>>次のページでは、ワインとペアリングしたい香港グルメについてをご紹介 

  • プロフィール

    Emi●キャセイパシフィック航空客室乗務員
    日本ソムリエ協会シニアソムリエ、C.P.A.チーズプロフェッショナル取得。キャセイ航空ビジネスクラスワインのセレクション&ワインリストにも携わる。「おいしいワインとチーズに出会うためにフライトを頑張ってます。そしてそれを家族や友達とホームパーティで楽しむのが私の元気の素!」

1 / 2
1 2

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

グルメ・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト