特集 2016/10/30(日)
結局ジャンクフードではないのかも?

医者がプロアスリートにポテトチップスをすすめるワケとは?

膨満感にはデトックスレモネード、腹痛にはアップルサイダートニックやしょうがなど、食と体のコンディションの関係には、さまざまな迷信や民間療法がある。でもいままで、ポテトチップスを食べることをほめたたえる話しを聞いたことはあるだろうか?

医者がプロアスリートにポテトチップスをすすめるワケとは?

photo : Getty Images

医者がほかでもなくプロのアスリートに、筋肉痛を和らげるためにジャンクフードを“すすめた”、という記事がある。米メジャーリーグの公式サイト「MLB.com(エムエルビー・ドットコム)」によると、シカゴ・カブスのピッチャーであるジェイソン・ハンメルは、右腕と手の痙攣をおさえるためにポテトチップスを食べるようにと、チームドクターにすすめられたそうだ。
 
>その理由は、次のページで公開! 

1 / 2
1 2

original text : Rheanna O’Neil Bellomo  transtlation : Anri Tsushima

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

グルメ・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト