エディターズPICK 2013/2/5(火)

最旬ファッショニスタ!アナベル・デクスター・ジョーンズの7daysパリシック

ロンドン生まれ、NY育ちにしてパリシックなスタイルが信条の“イット”ガール、アナベル・デクスター・ジョーンズが、エル・オンラインに7daysスタイルを披露。今や世界的に“フレンチアイコン”として知られる彼女のNYのアパルトマンには最旬パリブランドが詰まってる!

>
パリに影響されて、おしゃれが変わった
<

「いま、大のお気に入り!」という「アライア」のドレスに、友人でもある「オランピア ル タン」のブッククラッチを持って。こちらのクラッチのほか「いちばん好きな本」というJ.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』のブッククラッチも所有。シューズは「プラダ」

1/9

パリに影響されて、おしゃれが変わった

モード界の重鎮、グラフィックアーティストのアンドレ・サレヴァをBFに、オランピア・ル・タンやシャーロット・オリンピア、メゾン キツネなど、パリの“it”なモード人とも友人のアナベル・デクスター・ジョーンズ。映画の仕事でロンドン、パリ、NYと飛び回り、先生をつけてフランス語も堪能になった彼女は、姉でありデザイナーのシャーロット・ロンソンのベイビーシスターというイメージから、すっかり大人の女性に変身。
               
2012AWにはパリのハイストリートブランド「フェイスコネクション」ともコラボレートしたカプセルコレクションを発表。自他共にすっかり彼女のパリシック路線も定着。そんな彼女にパリの印象について改めて聞いてみると、「パリジェンヌはいつもおしゃれに気を遣ってる。別に取り立てて、高いものやブランドものを着ているわけでもない人も、とてもシック。NYにいると朝起きたままで、ボサボサヘアにスウェットパンツで近所にコーヒーを買いに行ったりすることがあるけれど、パリに行くとそんな気持ちにはならないのよね。私もパリジェンヌみたいに、背筋を伸ばして、きちんとおしゃれをしなきゃって思うの」

「最旬ファッショニスタ!アナベル・デクスター・ジョーンズの7daysパリシック」トップへ

PHOTO : MICHIKA MOCHIZUKI  COORDINATION : MAKIKO MONJI

  • パリジェンヌ総勢123人! 2013年冬パリシックの秘密
    「エル・オンライン」恒例のパリ企画、2013年冬版を大公開。ストリートスナップから紐解くパリシックの秘密13、オランピア・ル・タンほか“it”なファッショニスタのワードローブ、パリジェンヌの最新ランジェリー事情にヘアスナップまで、最旬のパリをお届け中! >>特集ページを見る

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト