エディターズPICK
2015/06/30(火)
Part.2/ピッティ・ウォモやミラノコレクションのスナップから厳選!

メンズの最新トレンドを教えてほしい! エディターが選ぶMYベストおしゃメンinイタリア

フィレンツェで開催された“ピッティ・ウォモ”2016年春夏コレクションと、ミラノのメンズコレクション会場スナップより、エディターが極私的にハント! デートしたいイケメン編に続き、本日はおしゃれのお手本にしたい伊達男をセレクト。今春、東京コレクションで来日したメンズファッション界の重鎮から、注目のファッショニスタにサルトリアの着こなし上手な紳士まで、おしゃれのコツをチェック!

> <

3/4

柄使いやレイヤード術を教えてほしいナポリ風メンズも

ママン担当エディター/YOKO
イタリア男たるもの、夏のカジュアルファッションは肌見せときゃいいってフシもありますが、そんな固定概念を覆すような“裏原”スタイルが逆に目を引きました。サルエルパンツにバンズ。そして珍しくガードが堅いTシャツONシャツというレイヤード。これが原宿だとうっかりカメラを首から下げてしまいそうですが、そこは無精ひげとタトゥーで、ストリートに落とし込まないラテン男の妖しさを漂わせて。実は夜はバー店員で、蝶ネクタイも似合いまっせ!的展開も期待。

ファッション担当アシスタントエディター/CHISATO
ひと目見た瞬間、このタダモノではなさそうな貫禄たっぷりのオーラに惹きつけられました。それはこの柄ON柄ON柄のファッションがそうさせているのでしょうか……。ここまで柄を重ねても、決してうるさくなくバランスよく着こなしているあたり、自分に似合うもの、そうでないものをしっかり知っていそう。そんな彼と買い物に行ったら、こだわりのセレクトショップやヴィンテージショップをくまなく案内してくれそう!

  • ママン担当エディター/YOKO
    ボーダーやチェックが似合う塩顔系男子が好物。イタリア男は趣味と真逆では?と思いきや、それはまた別腹でときめきたいと考える貪欲なアラフォー。

  • ファッション担当アシスタントエディター/CHISATO
    世の“イケメン”と定義づけられているなかでも、綺麗な顔よりちょっとクセのある顔立ちの人が好き。ホワイトブロンドヘアに鼻ピアスがトレードマークのモデル、ベンジャミン・ジャービスのような“しゃれ顔”がタイプ!

Photo: IMAXTREE  Illustration: DAICHI MIURA

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト