エディターズPICK 2015/6/2(火)
ファッションジャーナリスト藤岡篤子さんが解説!

3大キーワードから紐解くイタリア的ファッションとは?

エル・オンライン初のイタリア特集に、数あるモード誌や各界で活躍するファッションジャーナリスト藤岡篤子さんが特別寄稿。“メイド・イン・イタリー”の刻印がもつ技術や素材の素晴らしさについて解説。これを読めば、イタリア発の最新モードを身に着けることが10倍楽しくなること間違いなし!

(写真左より時計回りに)プラトー、ビエラ、コモ湖周辺の風景

part1: TEXTILE/シルクや紡毛など世界一の美しさを誇るテキスタイルの秘密とは    
イタリアファッションの礎となるテキスタイルは、アルプスの麓に位置するという恵まれた立地に負うところが大きい。
発色の美しさで有名なコモのシルクプリントは、ミラノからほど近い、スイスとの中間地点にあるコモ湖周辺が産地となっている。透明で冷たいアルプスの雪解け水で洗われたシルクは、冴えたカラーとしなやかな感触で、世界一のプリントとの呼び声が高い。
同じくアルプスの南麓にあるビエラ地区の水も素晴らしく、梳毛(そもう:サージ・ウーステッド・ギャバジンなど)の産地として、メンズでもウイメンズでも世界トップクラスの土地である。
イタリア中部のトスカーナ北西部に位置するプラトーは、紡毛(ぼうもう:ツイード・フラノ・メルトン・ラシャなど)の産地として名高い。ビセンツィオ川の豊かな水を活用し、“イタリアのマンチェスター”と呼ばれるほどの工業化されたシステムで、量産を可能にしている。
テキスタイル生産に最適の自然環境と、イタリアならではの卓抜な色彩感覚の融合。これこそイタリアンテキスタイルを世界一にした秘密である。

2 / 4
1 2 3 4

Text: ATSUKO FUJIOKA

  • 藤岡篤子さんプロフィール
    国際羊毛事務局(IWS)婦人服ファッションコーディネーターを経て、ファッションジャーナリストとして活動を開始。新聞からファッション誌まで幅広いメディアに執筆。日本のファッション誌にとどまらず、中国版でも連載を担う。専門用語を分かりやすく解説する原稿には定評があり、家電、化粧品など異業種企業、団体等の講演も多い。年2回開催される「藤岡篤子ファッション・トレンド速報セミナー」は、編集者、アパレルのバイヤーやデザイナーなどを中心に高い評価を受け、日本一の動員数を誇る。 著作に『買い手が変われば売り手が変わる』(日本能率協会)。
     
    >>ブログも更新中の藤岡篤子さんの公式サイトをチェック!
    http://f-fiori-cafe.com/

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト