エディターズPICK 2014/8/8(金)

ビューティセレブ、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤックの“好き”が作るマイスタイル

ニューヨークで2年暮らした後、2年前に引っ越してきたというパリ7区の瀟洒なアパルトマン。そこに住むのは、話題のビューティブティック「BULY」のオーナー、ヴィクトワール・ド・タイヤック。モード一家に生まれ、ファッショニスタ&ビューティトレンドのキーパーソンとしても有名な彼女が、マイスタイルを確立できた秘訣は、「好き、嫌い」。パリジェンヌ流の成熟したフェミニニティにあふれた彼女のファッション、そしてフィロソフィを自宅で特別に披露してくれた。

victoire de taillac

愛用ブランド、「カルヴェン」のスカートとシューズ、「メゾン ラビ カイル―(Maison Rabih Kayrooz)」のトップ。鮮やかなカラーブロッキングがモード。

Photo : Ayumi Shino  Cordination : Reina Shimizu

―ワードローブのエッセンシャルアイテムは?

ヴィクトワール・ド・タイヤック(以下、ヴィクトワール):スカート、ドレス、コート。特にスカートはどんなデザインのものも好きで、パンツを身につけることはほとんどないわ。ドレスはコーディネートが決まりやすいし、シンプルでも女性らしい装いができるから便利ね。

私は服にはある程度ボリュームがあって、歩くと動きが生まれるスタイルが好き。色は、ブルー、赤、ピンクなど、積極的に取り入れる方なの。

1 / 5
1 2 3 4 5
  • Profile:ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック(Victoire de Taillac)
    フランス名門貴族一家に生まれ、名だたるモードマガジンの編集者や「コレット」のプレスとして活躍。ブログ「THE FRENCH BEAUTY CLUB」を運営する傍ら、その後、ビューティ誌『CORPUS』を刊行。サンジェルマンにオープンしたビューティショップ「BULY」は、パリで最注目されているスポット。姉はジュエリーデザイナーのマリーエレーヌ・ド・タイヤック。 

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト