エディターズPICK 2014/8/5(火)

人気デザイナー、セリマは仕事もおしゃれもエフォートレス!

旧フランス領チュニジアで生まれ、パリでデビューし、NYで大人気のアイウェアブランド「セリマ オプティーク」デザイナー、セリマ・サラウンが新作&ヴィンテージコレクションを携えて来日した。世界中のセレブを虜にする、カラフルでキッチュなデザインは、パリに育てられた彼女のセンスがいっぱい。そんなセリマに自分流スタイルのコツについてask! ヴィンテージシックなスタイルとともに、自立したワーキングウーマンでいるための秘訣を聞き込み。

お気に入りは色違いで購入。長く愛用するのが、ヴィンテージシックの使い手になるコツ。

―今日のスタイルのポイントは?
 
セリマ・サウラン(以下、セリマ):ドレスは「アライア」よ。アズディン・アライアがお気に入りのデザイナーのひとり。彼の服は女性を美しく見せてくれるわ。痩せていようとふくよかでいようと関係なく。いつも素敵だから、何着かだけだけれど買ってしまったわ。
 
このジャケットには面白い話があるの。10年も前に東京の「バリ バレ」で目についたから買ったんだけど、私、その頃デザイナーのバリ・バレを知らなくて……。後で、彼女が私が元々大好きな「エルメス」のスカーフのテキスタイルデザインを15年以上も担当していたということがわかった。そうしたら余計に好きになったわ。まったく同じデザインで青も持っているの。いちばんのお気に入りのジャケットよ。もうかなりクタクタなんだけど、今でも大切に着続けているわ。
 
靴は昔手に入れた「サンローラン」。すごく履き心地がいいの。これも色違いでいくつかもってるのよ。たくさん歩くから、こういう楽なアイテムは重宝するわね。

1 / 4
1 2 3 4

Photo : Osamu Kurihara(4×5)  Réalisation : Etsuko Soeda

  • Profile/セリマ・サラウン
      
    旧フランス領、北アフリカのチュニジアに生まれたセリマ・サラウンは、パリのアイウェアスクールを卒業した後、パリを代表するアイウェアデザイナー、「アランミクリ」の下でキャリアをスタート。パリとNYのミクリ・ブティックの店長を経て、1993年にニューヨークのソーホーにて自身の眼鏡ブティック、「セリマ・オプティーク」を開業。その後オリジナルデザインのコレクションをスタートし、すぐにバーニーズにバイイングされる。現在では各国のファッション誌で紹介され、ウィノナ・ライダーやリヴ・タイラー、レニー・クラヴィッツなど、音楽、映画、ファッション、各界のセレブ達もセリマ・デザインの熱烈なファン。

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へエディターズPICK一覧へ次の記事へ

ELLE PR STORIES

注目ブランドをもっと見る

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト