>
『17歳のカルテ』(Girl, Interrupted)
<

(C)1999 GLOBAL ENTERTAINMENT PRODUCTIONS GMBH & CO. MOVIE KG. ALL RIGHTS RESERVED.

1/6

「異常ではない、揺れが大きいだけ」

「異常ではない、揺れが大きいだけ」/『17歳のカルテ』
 
アンジェリーナ・ジョリーが1999年にアカデミー賞助演女優賞を受賞した“再生”の人間ドラマ。特別悲しいことがあったわけではないのに、なぜか押しつぶされそうな悲しさが押し寄せてくることは誰にでもあって、不完全ゆえに壊れてしまう可能性も誰にでもある。『17歳のカルテ』は、夢と現実が混乱し不安に苛まれて自殺未遂をはかってしまった主人公スザンナ(ウィノナ・ライダー)が、精神科のクレイムア病院で再起していく姿を描いていく。とても重い題材ではあるけれど、自分の力で帰る方法があることを知ることのできる“気づき”の映画。そして、8年間施設に入り脱走を繰り返すリサを演じたアンジェリーナ・ジョリーの危機迫る演技の素晴らしいこと! 彼女が演技派と言われる原点でもある必見の1本。
 
女子的シネマ名言は「異常ではない、揺れが大きいだけ」。ラストシーンでスザンナが心のなかでつぶやくセリフ。

  • 『17歳のカルテ』(Girl, Interrupted)
     
    1999年
    DVD ¥1,480 好評発売中 
     
    監督/ジェームズ・マンゴールド
    出演/ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー、クレア・デュバル
    発売・販売元/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
     
    商品に関するお問い合わせ先/
    ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 0120-502-185
    http://www.sonypictures.jp/

「体当たり演技でオスカーをゲットした女優たちの名作 6選」トップへ

text : Rie Shintani

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へニュース一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト