>
『テイク・ディス・ワルツ』(Take This Waltz)
<

(C)2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved

3/6

「人生っていうのは、どこか物足りなくて当然なの」

「人生っていうのは、どこか物足りなくて当然なの」/『テイク・ディス・ワルツ』
 
優しい夫、ユーモアのある夫、セックスの数は減っても変わらず愛情を示してくれる夫、そんな良き夫がいるのになぜほかの男性に恋をしてしまうの? フリーランスのライターのマーゴ(ミシェル・ウィリアムズ)は結婚して5年、料理本を作る夫ルー(セス・ローゲン)と仲良く暮らしていたが、ある日、偶然に出会ったダニエル(ルーク・カービー)という青年に強烈に惹かれてしまう。誰でも生きることへの戸惑いはあるものだけれど、その戸惑いの原因が恋となると、人はなぜか感情をコントロールできなくなってしまうものだ。今のしあわせを守る? それとも新しい恋を選ぶ? 自分ではどうしようもない感情に揺れ動くマーゴに自分を重ねることで、自分の今のしあわせが見えてくる。
 
女子的シネマ名言は「人生っていうのは、どこか物足りなくて当然なの」。答えを出したマーゴにルーの姉ジェラルディンが言ったセリフ。物足りなさを埋める方法は自分次第なのかも……と痛感する一言。

  • 『テイク・ディス・ワルツ』(Take This Waltz)
     
    2011年
    DVD ¥3,990 発売中
     
    監督/サラ・ポーリー 
    出演/ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン、ルーク・カービー
    発売元/ブロードメディア・スタジオ
    販売元/ハピネット
    公式サイト/http://takethiswaltz.jp/
     
    問い合わせ先/ハピネット
    http://www.happinet-p.com/jp3/

「春に観たい! ドラマティックな出会いと別れの恋愛映画」トップへ

text : Rie Shintani

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へニュース一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト