>
Andrew Garfield
<

Photo : Osamu Kurihara(4×5)

2/5

ヒーローはつらいよ

アンドリュー:スパイダーマンが象徴するものを自分で体現して演じている。もちろんすべてが楽しいことばかりじゃない。重労働のときもあるし、すごく責任もある。でも、これは期間が限られた話だから、その間おこるすべてが素晴らしいものだと思っているよ。
 
―ではスパイダーマンになって、いちばん辛かったことは?
 
アンドリュー:考えすぎてしまうことがある。というのは、あまりにも多くの人が見ている作品で、有名で、かつ人気のヒーローだから、僕にいろいろなジャッジを下す人が大勢いるから……。それについてあまりに考えすぎてしまうと、自分で自分を縛ってしまうし、プレッシャーを感じてしまう。だから、自分で最大の努力をして、それでも何か批判をしてくる人の声は、受け入れなくちゃいけないと思ってる。そんなこと言っても、やっぱり考えすぎちゃうんだけどね。
 
>>キャリアの変換時にいちばん大切にしていたこととは? 次のページへ 

  • Andrew Garfield & Emma Stone

    世界的に大ヒットを飛ばした一連の『スパイダーマン』を引き継ぎ、新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』がスタートを切ったのは、2012年。並み居るライバルを蹴落とし、世界的ヒーロー役をゲットしたアンドリュー・ガーフィールド。第二弾は彼演じる主役ピーターの人生が、壮絶なクライマックスとともに大転換する物語。気になりすぎるその内容を知ったら、仕事でめげていた人もきっと復活できるはず。

    『アメイジング・スパイダーマン2』

    監督/マーク・ウェブ
    出演/アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、サリー・フィールドetc.,
    配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
    公式サイト/http://AMAZING-SPIDERMAN.jp/
    2014年4月25日(金)~、TOHOシネマズ日劇ほか、3D&2D全国ロードショー

    ■公式Twitter:twitter.com/Spiderman_JP  ◆ハッシュタグ: #あめすぱ

「アンドリュー・ガーフィールド:異国で認められる仕事術」トップへ

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へインタビュー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト