インタビュー 2015/8/7(金)
名門一家の実力派3世美人セレブ

『ジュラシック・ワールド』:女優ブライス・ダラス・ハワードの“姫川亜弓”度

全世界・全米ともに興行収入歴代トップ3入りを果たし、 第2位の『タイタニック』超えまで秒読みと見られている『ジュラシック・ワールド』。22年前、世界中の話題を独占したスティーヴン・スピルバーグが創り上げた『ジュラシック・パーク』とそれに続くシリーズが、最新の技術で3D映画として再び蘇る。この大作のヒロインに選ばれたのは、アメリカ映画界の名門ハワード一族の娘、ブライス・ダラス・ハワード。『ビューティフル・マインド』などで知られるアカデミー監督の父、ロンと同じく俳優業と監督業をこなす彼女が、恵まれた環境を捨て、今の実力を手にするまでのストイックな過去を語ってくれた。

>
Bryce Dallas Howard
<

「ファッションは大好き!」と語るブライス。スタイリストはつけず、自分でコーディネートしているそう。

Photo : Osamu Kurihara

1/5

ハイヒールでマラソン

―今回クレアというキャリアウーマンを演じていますが、泥のなかでもずっとスカートを履いて、ヒールで走り回っていましたね。とても印象的でした。
 
そうなの! 今回は私に衣装の選択肢なんてなかったの。ずっと同じ。映画なのに衣装がたった1着だけだなんてね(笑)。
 
でも、それがクレアという女性と彼女に起こったことの比喩になっていると思う。彼女は皮を1枚1枚剥がすように、服を脱いでいく。そうすることで強くなっていくのよ。最終的にスカートとシャツとヒールで闘う。彼女には、(服を着替えることで)自分を変えることなく、強さを見せることができる。観終われば、クレアにはスカートとヒールでマラソンを走るくらいのすごいパワーが備わっていたのだということがわかるわ。

  • Jurassic World ジュラシック・ワールド

    (C)2015 Universal Pictures

    『ジュラシック・ワールド』

    『ジュラシック・パーク』から22年・・・予期せぬトラブルにより『ジュラシック・パーク』では実現に至らなかった、地球史上最大のテーマパークが遂にオープンする。先史時代最高の生物である恐竜と、至近距離で触れ合える施設。パークを監督する野心家のクレアのもとに甥っ子2人が突然遊びにくるが、突然の恐怖が彼らを襲う……。

    監督/コリン・トレボロウ
    製作総指揮/スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
    出演/クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン
    配給:東宝東和
    公式サイト/http://www.jurassicworld.jp

    全国公開中

「『ジュラシック・ワールド』:女優ブライス・ダラス・ハワードの“姫川亜弓”度」トップへ

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へインタビュー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト