>
Adèle Exarchopoulos, Lea Seydoux
<

© 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

4/6

見せたかったのは私たちの素肌、涙、人間性

―一方で、レア・セドゥはレズビアンの知人たちにリサーチしたと聞きました。

アデル:それは(レア演じる)エマがレズビアンとして自分をすでに築いているキャラクターだったからよ。リサーチして豹科の動物のような仕草や、ボーイッシュな口調を身につける必要があった。私の場合は、どこにでもいる、すべての経験においてバージンの女の子という設定だったから、リサーチもなく、白紙の状態で臨むことができたの。

―原作本(「ブルーは熱い色」 DU BOOKS刊)の著者による、映画はストレートの男の妄想だとする批判が話題を呼びましたが。

アデル:原作者の批判は、レズビアンの関係を型にはまったイメージと比較して、相対的にノー!と叫んでいるけれど、それはとても危険で、非建設的だわ。「同性愛者だからこうである、こうではない」と考えるのは危ないわ。レズビアンの恋愛やセックスをストレートの男が描くこと自体、偏執的行為という批判も的外れだと思う。監督が見たかったのは、私たちの素肌であり、私たちの涙、そして私たちの中にある人間性だったから。その真実に近づくためなら、私たちは何だって試したわ。

>>憧れの女優、レア・セドゥの魅力を語る! 次のページへ 

  • © 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

    『アデル、ブルーは熱い色』

    監督・脚本/アブデラティフ・ケシシュ 

    原作/ジュリー・マロ「Blue is the warmest color」
    出演/レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス、サリム・ケシゥシュ、モナ・ヴァルラヴェン、ジェレミー・ラユルトほか
    原題/LA VIE D’ ADELE CHAPITRES 1 ET 2/2013/フランス/フランス語/179分/
    配給/コムストック・グループ
     
    2014年4月5日(土)より、新宿バルト9、Bunkamuraル・シネマ、
    ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
    2013年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞・国際批評家連盟賞受賞 

「『アデル、ブルーは熱い色』アデル・エグザルコプロスを直撃」トップへ

Text : Reiko Kubo

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へインタビュー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト