>
Adele Exarchopoulos, Lea Seydoux
<

© 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

1/6

出演の決め手は、真実を探す監督ケシシュ

―まさに映画の中のアデルを生きるには身も心も捧げる覚悟が必要だったはずですが、あなたの背中を押したものは何だったでしょうか?

アデル・エグザルコプロス(以下アデル):この映画が普遍的な愛の物語だったこと、共演者がレアだったことも理由だけれど、何よりも監督がケシシュ監督だったことが大きいわ。現在のフランス映画産業の中で、無名の役者を主役に抜擢する監督なんて彼以外ほぼいない。彼は常に真実を探している監督で、その点にも強く惹かれたの。

>>現実のアデルと映画の中のアデルの共通点は? 次のページへ

  • © 2013- WILD BUNCH - QUAT’S SOUS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – SCOPE PICTURES – RTBF (Télévision belge) - VERTIGO FILMS

    『アデル、ブルーは熱い色』

    監督・脚本/アブデラティフ・ケシシュ 

    原作/ジュリー・マロ「Blue is the warmest color」
    出演/レア・セドゥ、アデル・エグザルコプロス、サリム・ケシゥシュ、モナ・ヴァルラヴェン、ジェレミー・ラユルトほか
    原題/LA VIE D’ ADELE CHAPITRES 1 ET 2/2013/フランス/フランス語/179分/
    配給/コムストック・グループ
     
    2014年4月5日(土)より、新宿バルト9、Bunkamuraル・シネマ、
    ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
    2013年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞・国際批評家連盟賞受賞 

「『アデル、ブルーは熱い色』アデル・エグザルコプロスを直撃」トップへ

Text : Reiko Kubo

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へインタビュー一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト