ビヨンセ再参戦も夢じゃない? 今年こそ日本の2大夏フェスに足を運ぶべき理由
2018/06/11(月)
> <

5/7

MTVミュージック・アワードでのケンドリック・ラマーのパフォーマンス

ピューリッツァー賞やノーベル賞を獲得したスターがWヘッドライナーのフジ

そうした過去最大級のラインナップと言える2大フェスですが、なんといってもまず注目したいのは、グラミー賞では惜しくもブルーノ・マーズに敗れてしまったものの、間違いなく現在世界最重要アクトにして最高峰のパフォーマンス力を持つケンドリック・ラマーのフジロックでのステージ。昨年のコーチェラでヘッドライナーを務めたばかりということも含め、最も旬のアーティストを日本のオーディエンスがどう迎えリアクションできるのか。今後の日本におけるポップ・ミュージックの潮流を占う、歴史的一大事となることは間違いありません。

2012年、ホワイトハウスで文民最高位の「大統領自由勲章」を授与されたミュージシャンのボブ・ディラン

そして同じくフジロックのヘッドライナーである超大御所ボブ・ディラン。しかし、決して懐メロ枠ではなく、旬のアーティスト枠で間違いありません。村上春樹を押しのけてのノーベル文学賞受賞後ということや、フェスティバル出演や大規模なステージでのパフォーマンス自体が珍しいアーティストであること、そしてピューリッツァー賞を受賞したばかりのケンドリック・ラマーと並ぶヘッドラインという歴史的意義も含め、何が起こるか分からないステージとなることでしょう。

  • サマーソニック2018
    開催日/2018年8月18日(土)、8月19日(日)
    会場/東京: ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ、大阪:舞洲 SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
    出演アーティスト/ノエル・ギャラガー、ベック、チャンス・ザ・ラッパー、ショーン・メンデス、ニッケルバック、マシュメロ、J バルヴィンほか
    http://www.summersonic.com/2018/

  • フジロック・フェスティバル2018
    開催日/2018年7月27日(金)~2018年7月29日(日)
    会場/新潟県湯沢町苗場スキー場
    出演アーティスト/ボブ・ディラン、ケンドリック・ラマー、N.E.R.D、スクリレックス、ヴァンパイア・ウィークエンド、チャーチズ、ポスト・マローン、アンダーソン・パック & ザ・フリー・ナショナルズほか
    http://www.fujirockfestival.com/

Text: Kenta Terunuma Photo: Getty Images, Aflo

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト