>
<

photo : WireImage, Getty Images, FilmMagic

3/4

ジャレッド・レトが前哨戦で絶好調!

助演男優賞

★助演男優賞ノミネート ※写真左上から時計回りに
ジャレッド・レト『ダラス・バイヤーズクラブ』
マイケル・ファスベンダー『それでも夜は明ける』
ジョナ・ヒル『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
バーカッド・アブディ『キャプテン・フィリップス』
ブラッドレイ・クーパー『アメリカン・ハッスル』
 
最も有力視されているのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レト。前哨戦で絶好調の上に、アカデミー会員好みの激やせ役作り&実話ベース。主演のマシューがとれなくても、助演はあげるんじゃない? っていうのが多数を占める予想よ。ただし、他の候補者も強者揃い。毎年新人枠がある部門だけど、『キャプテン・フィリップス』でソマリア人海賊を好演したバーカッド・アブディは、前哨戦で軒並みノミネート(しかも主演のトム・ハンクスはノミネートされていないから余計に)。そして主要部門総なめで候補入りの『アメリカン・ハッスル』からはブラッドレイ・クーパーが。デヴィッド・O・ラッセル監督とは相性のいいブラッドレイだけに、主演男優賞のクリスチャン・ベールよりは可能性が高いかも、と思ったり。
 
監督と相性がいいといえば『それでも夜は明ける』のマイケル・ファスベンダーがちょっとやばい存在。昨年の『SHAME シェイム』がオスカー前哨戦では多数候補入りしたのに、本家アカデミー賞で完全スルーされたので、今回こそは!? はたまたこれで2度目の候補入りとなる『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒルも気になるところ。なんせあのレオ様ときちんと張り合うだけの演技と、「誰得!?」なR-18指定シーンもこなしたから。でも、これで彼がとっちゃうと、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のようなコメディに出てくれなくなっちゃうから、申し訳ないけど逆にあげたくない!

「第86回アカデミー賞、ノミネート俳優を総覧!」トップへ

text : Masamichi Yoshihiro

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト