ダイアナ妃を追いつめたのは誰? 義父フィリップ王配と英国王室“毒父”の系譜
2017/08/01(火)
> <

7/7

どんなに気難しい人でも和ませる天性の才能があった。

Photo: Getty Images

誰がダイアナを殺したか?

親子三代に渡って受け継がれた毒父の連鎖。子どもを棄て愛人に奔った祖父アンドレアス王子。子どもを支配する義父フィリップ王配。妻を愛さない夫チャールズ皇太子。三代続いた毒父のその先に、騙されるように結婚し、子どもを産んでもなお空虚感にさいなまれた女性がこそ天真爛漫なダイアナ妃だ。

この笑顔を失わせた罪は大きい。

Photo: Getty Images

さすがに「フィリップ殿下が暗殺指令を出した」というのは妄想が過ぎているとしても、ダイアナ妃の悲劇のきっかけになった毒父の系譜をたどれば「誰がダイアナを殺したか?」とこれら毒父たちが責められるのもやむを得ないし、陰謀説が大好きな国民が「ダイアナ妃を殺した」と噂してもむべなるかな。この“毒父”の連鎖をウィリアム王子は必死で断ち切ろうと努力している。そこに希望があり、ダイアナ妃の苦しみもようやく報われるのかもしれない。

Photo: Aflo, Getty Images

  • 参考資料/『Prince Charles : The Passions and Paradoxes of an Improbable Life』、『Fifty Years the Queen: A Tribute to Elizabeth II on Her Golden Jubilee』、Channel4『Diana: In Her Own Words』、BBC、「Diana: The People's Princess」

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト