海外セレブゴシップ 2015/5/27(水)

ケイティ・ペリー、新聞記者に怒る

2012年に俳優のラッセル・ブランドと離婚したケイティ・ペリー。元夫との関係をめぐる報道にご立腹のもよう。

ケイティ・ペリー(Katy Perry),ラッセル・ブランド(Russell Brand)

ケイティ・ペリー(Katy Perry),ラッセル・ブランド(Russell Brand) photo : Getty Images

発端となったのは5月23日(土)に新聞「デイリーテレグラフ」が掲載したケイティ・ペリーのインタビュー記事。ケイティが「ラッセルとは彼が離婚を申請するとメールで連絡してきて以来話していない」「彼のことは話したくない。言う必要のあることは歌で言うつもり」「私は恐れを知らないタイプ」と語ったと書いてあったそう。また「また人を愛することに不安は感じる?」という質問に「そんなことは絶対にない。どんなことが起ころうともワクワクしている」とポジティブに答えている部分も。
 
しかし、このインタビューに対してケイティが怒りを表明。彼女を怒らせたのはインタビューの内容ではなく、話した時期。ケイティ曰く「ジャーナリストが3年前に映画のPRのためにやったインタビューに新しい日付をつけて再利用するのは本当に不適切だと思うわ」「デイリーテレグラフとクリス・ノウルズは最低」と絵文字付きでツイート!
 
確かに3年も経てば心境も変わるもの。現在の気持ちのように報じられてはケイティも読者もいい迷惑! それにしても記者の実名入りで正々堂々と告発したケイティ。インタビュー以上に、この行動が彼女の性格を表している気がする。

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト