海外セレブゴシップ 2013/2/28(木)

ジェニファー・ローレンス、受賞スピーチで肝心な人の名前を言い忘れて謝罪

アカデミー賞の受賞スピーチで大事な監督とプロデューサーの名前を上げることを忘れてしまったジェニファー・ローレンス。「度忘れ」したと謝罪。

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)、受賞スピーチで肝心な人の名前を言い忘れて謝罪

photo : AFLO

「エンターテインメント・ウィークリー」に早速謝罪文を掲載したジェニファー・ローレンス。
「昨晩のめまぐるしさのお陰で、あろうことか私はこの映画と私の人生における最も重要で素晴らしいふたりの方にお礼を言うのを不注意にも忘れてしまいました。
 
監督デイビッド・O・ラッセル:私の人生で最も素晴らしい経験をさせていただいてありがとうございます。あなたの才能、導き、私自身についての教えと、私をより良い俳優へと育ててくれた事に感謝します。あなたは大変な情熱と、素晴らしい本当に血の通った心の持ち主です。あなたは自身の映画だけでなく、あなたの映画が他の人々に対し何ができうるかということを信じていますね。それが私があなたから学んだいちばん大事なことでした。
 
ハーヴェイ・ワインスタイン:あなたはこの映画を本当に最初の段階から擁護してくれました。この映画に対するあなたの情熱と、断固たる支援がこの映画をこんなにもヒットさせ、たくさんの人々を感動させることができる機会を与えてくれました。
 
私はこんな度忘れをした自分を許すことは絶対にできないでしょう。ですが、おふたりがそれをしてくれることを望んでもいます。
 
明らかにこれは意図をもってしたことではありません。私は自分が何を言ったか思い出せないでいます。私の心は完全に真っ白になってしまっていたのです。人生で最も圧倒された瞬間に、人間の脳ってこんなにもおかしくなってしまうんですね!」
 
ジェニファーらしく、謝罪の仕方もこの上なくチャーミング。これはもう誰でも赦しちゃう?

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト