海外セレブゴシップ 2015/8/31(月)

ケイト・ブランシェット、英国映画協会のフェローシップを授与される

アカデミー賞を2回受賞している名女優、ケイト・ブランシェット。イギリスの映画協会からフェローシップを授与されることが決定したそう!

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett) 英国映画協会のフェローシップを授与される

ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett) photo : Getty Images

ケイト・ブランシェットが受賞することになったのは、英国映画協会のフェローシップ。映画界やテレビ界への多大な貢献が認められた個人に贈られる賞だそう。これまでエリザベス・テイラー、ジュディ・デンチ、マギー・スミス、クリント・イーストウッドやマーティン・スコセッシらが受賞してきた栄誉ある賞。ちなみに1986年には黒澤明監督も受賞しているもの。
 
今回のケイトの受賞について、協会の会長は「ケイトは勇敢で観客の心をつかむ女優。映画に出演し始めた当初から、スクリーンでの彼女の存在は観客を魅了し、虜にしてきた」とコメントしたそう。
 
授賞式は10月17日(土)。10月7日(水)から始まるロンドン映画祭のなかで行われるそう。
 
ちなみにこの映画祭では、ケイトの主演作がなんと2本も上映されるとか! 1つは1950年代を舞台にルーニー・マーラ演じる若きデパート店員とケイト演じるマダムの恋を描いた『Carol(原題)』、そしてもう1つはケイトが、ジョージ・W・ブッシュ元大統領がベトナム戦争で徴兵を逃れた可能性があると報じて解雇された実在のTVプロデューサーを演じた『Truth(原題)』。時代もキャラクターもまったく違う作品だけに、ケイトの演技派ぶりが際立つ映画祭になりそう。続報にも要注目!

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト