海外セレブゴシップ 2013/1/23(水)
海外セレブゴシップ

セレブ中のセレブ、オバマ大統領第二期就任式典にハリウッド中が熱狂

セレブといえばハリウッド・スター……が現在の認識でも、みんなが知っている通り語源をたどれば昔は一般的に「名士・著名人」。ということで元一般ピープルのハリウッドスターはほかの選挙民と同じく、オバマ大統領の第二期目の就任式典というビッグイベントに騒がずにはいられなかったよう。

セレブ中のセレブ、オバマ大統領第二期就任式典にハリウッド中が熱狂

バラク・オバマ(Barack Obamaphoto)&ミシェル・オバマ(Michelle Obama) photo : AFLO

激動の大統領選を乗り越え、「Four more years.」というたった3語という力強くも印象深いツイートで勝利宣言をしたオバマ大統領。就任式典は故マーティン・ルーサー・キング・Jr師の記念日。ホワイトハウスでの宣誓の儀式では、故マーティン・ルーサー・キング・Jr師自身の聖書に手を置き、来る4年間の任務への忠誠を宣誓。
 
つい先ごろ49歳の誕生日を迎え、アカウント名「@FLOTUS」で待望のツイッターデビューを果たし、ついでに前髪を作り髪形も変えたファーストレディ、ミシェル・オバマはパレードと就任演説に「トム・ブラウン」のドレスとコートを着用。同席した長女マリアちゃんのパープルの「J.クルー」のコートも話題になり、母に次いで娘もファッション・リーダーになる資質は充分な様子。
 
国家斉唱はビヨンセが力強い歌声を披露。就任演説のなかでオバマ大統領は「我々のゲイの兄弟姉妹たちが法の下でほかの誰もと同じように扱われるまで、我々の旅は完結しない」と述べた。ゲイ・ライツが米国でこのようなビッグイベントで大統領本人の口から発言されるのはこれがまさに初めてだ。
 
一転して就任記念舞踏会はハリウッドセレブが勢ぞろい。まず、その晩の主役、オバマ大統領夫妻はジェニファー・ハドソンが歌う「Let’s Stay Together」で最初のダンスを披露。気になるファーストレディ、ミシェル・オバマのドレスは前回と同じデザイナー、「ジェイソン ウー」による朱赤のドレス。実は、デザイナー自身もそれを知らされていなかったようで、かなりびっくりした様子(ちゃんと普通に買ってるのね……)。
 
続けてアリシア・キーズがヒット曲「Girl on Fire」を「Obama's on Fire」に変更してジェイミー・フォックスほかと披露。ノリノリで踊るジョー・バイデン副大統領夫妻の姿も話題となった。式典に出席していた熱烈なオバマ支持者で知られるケイティ・ペリーとジョン・メイヤーのラブラブぶりも話題に。TVでこの式典を見ていたセレブたちも感動のツイートを多数投稿し、自らの愛国精神が多いにかきたてられたもよう。
 
とはいってもやはりこの日の話題をかっさらったのはオバマ大統領とその家族で、ホワイトハウスの宣誓式で両親がキスするところを携帯で写真を撮ろうとする次女サーシャちゃんに応え何度もキスをして見せる大統領夫妻に、それを邪魔して写真に写り込もうと邪魔する長女マリアちゃんの姿がテレビに映し出され「可愛い」と話題に。
 
ミシェル夫人の前髪について聞かれた大統領はジョークで「この就任式典で最も重要な出来事だよ。彼女の新しい髪形は彼女によく似合っててきれいだし、彼女はいつもきれいだよ」と発言するなど、全米中がオバマ大統領一家に釘付け。セレブゴシップニュース界がいきなり政治報道一色に塗り替えられてしまったのでした。

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト