海外セレブゴシップ 2013/1/9(水)
海外セレブゴシップ

NY映画批評家賞発表、レイチェル・ワイズが主演女優賞とマシュー・マコノヒーが助演男優賞を受賞

ゴールデングローブ賞発表を今月に控え、ますますヒートアップする賞レースの行方。1月7日、ニューヨーク映画批評家協会賞が発表された。

NY映画批評家賞発表、レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)が主演女優賞とマシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey)が助演男優賞を受賞

レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz) photo : AFLO, マシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey) photo : Newscom/AFLO

作品賞、監督賞を共に受賞したのが『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー監督。同作品は撮影賞も受賞し、辛口社会派映画がニューヨークの映画批評家たちの心をがっちり掴んだよう。
 
主演女優賞は『The Deep Blue Sea(原題)』レイチェル・ワイズ。
主演男優賞は『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイス
助演女優賞は同じく『リンカーン』のサリー・フィールド
助演男優賞には『Magic Mike(原題)』『Bernie(原題)』のマシュー・マコノヒー
外国語映画賞には『Amour(原題)』
がそれぞれ受賞した。
 
エイズ患者役のために過激な減量を行い、体調まで危ぶまれていたマシュー・マコノヒーだったが、授賞式当日にはドルチェ&ガッバーナのスーツで現れ、変わらないイケメンぶりを披露。
また、小品といえなくもない『The Deep Blue Sea(原題)』でレイチェル・ワイズが主演女優賞を受賞したことが大きなニュースになっているもよう。
 
気になる第70回を迎えるゴールデン・グローブ賞授賞式は、現地時間1月13日に行われる。

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト