海外セレブゴシップ 2013/2/26(火)
海外セレブゴシップ

ジェニファー・ローレンス、『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞受賞!

下馬評で『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステインとの一騎打ちと予想されていたアカデミー賞主演女優賞。栄冠は見事ジェニファー・ローレンスに! そして予想通りの展開が……。

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)、『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞受賞!

ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence) photo : Getty Images

当日、「ディオール」のオートクチュールドレスに「ショパール」のジュエリー、「ロジェ・ヴィヴィエ」のクラッチ、「ブライアン・アトウッド」のシューズで完璧なレッドカーペット姿を披露してくれたジェニファー・ローレンス。
 
それが、またもやってしまいました……ドレスで。
 
名前を呼ばれた後、信じられない!という顔でエイミー・アダムズをハグした後ステージへと続く階段を上る途中見事に転び、それをヒュー・ジャックマンが助けようとするというハプニングが! SAG賞ではドレスを破り(正確には破ってはいないけれど)、アカデミー賞ではドレスに転び、ということでフロアレングスのドレスにはまだ慣れていない様子がなんとも可愛らしい。
 
受賞スピーチではまず最初に「ありがとう! 皆さんがこうして立ちあがってくれるのは私が転んですごく恥ずかしい思いをしたからよね。ひどいわよ。ありがとう。もう本当に変よ! アカデミーの皆さんありがとう。そして今年の(ノミネートされた)女性たちにも感謝を捧げます。皆さんはとても素晴らしく、インスピレーションに満ちている。私のカテゴリー(主演女優賞候補)以外の方々も。皆さんと知り合うことができて、皆さんが私によくしてくれたことで、この経験が忘れられないものになりました」。この後、キャストやクルー、家族に感謝を捧げるも、だんだん興奮がクライマックスに達したらしく、最後に「エマニュエル(・リヴァ)、ハッピー・バースデー、どうもありがとう」と言ってステージを後にした。
 
ジェニファーを助けようとしたヒュー・ジャックマンは「ピープル」誌のインタビューに「僕は彼女を助けなければいけなかったんだよ。可哀そうに! 彼女が立ち上がれるかどうかわからなかったんだ」
 
その後、バックステージやプレスルームでは無事、「一杯の助けを借りて」いつもの調子を取り戻したよう。当日の準備に関しては「今日のプロセス自体がすべてストレスで一杯だったわ。『花嫁のパパ』のスティーブ・マーティンみたいな気分よ」とのこと。
 
ちなみに、転んだ瞬間から世界有数のGIF職人さんによってわずか数秒の内に転ぶシーンがGIFアニメで世界中をかけめぐったジェニファーの「階段落ち」。
 
そのときのジェニファーの気分は、「Fで始まる悪い言葉よ」だったそうです。
 
ともあれ、本当におめでとう、ジェニファー!

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト