海外セレブゴシップ 2013/1/15(火)
海外セレブゴシップ

ゴールデングローブ賞受賞のヒュー・ジャックマン、『レ・ミゼラブル』撮影中の乱闘シーンで誤って実際にラッセル・クロウを殴ってしまったと告白

映画『レ・ミゼラブル』の主人公、ジャン・バルジャン役で見事ゴールデングローブ賞を受賞したヒュー・ジャックマン。撮影時の秘話を現地時間1月13日、ITVのインタビューで教えてくれた。

ゴールデングローブ賞受賞のヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)、『レ・ミゼラブル』撮影中の乱闘シーンで誤って実際にラッセル・クロウ(Russell Crowe)を殴ってしまったと告白

アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、ヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman)、アマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)  photo : (C)ZUMA Press,Inc. / Alamy

宿敵である警官ジャベールを演じるラッセル・クロウとの乱闘シーン撮影中になんと実際に誤って彼を殴ってしまったという。しかも角材で(汗)。
 
「僕は“グラディエイター”、つまりラッセル・クロウとシーンを演じていたんだよ」と話すヒュー。
 
「ちょっとした乱闘シーンがあったんだけど、そのとき僕は実際あまりに(役に感情移入して)熱狂的になっちゃってて。で、たまたまラッセルを角材で殴っちゃったんだよね」
 
「それで僕は、『僕、今君を殴ったかい?』って聞いたら、ラッセルは『いいや、大丈夫だ。僕は平気だよ』って答えたんだ」
 
「でもその日の終わりに(“At the end of the day”は『レ・ミゼラブル』ミュージカル中の楽曲名)、ラッセルが衣装を脱いだら、彼の背中の後ろに大きな線状の跡がついてたよ」
 
ゴールデングローブ賞で三冠を得た映画『レ・ミゼラブル』。各キャストの役への半端ない入れ込みぶりが賞レースの行方を左右したのかも。

text : Ryoko Tsukada

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト