海外セレブゴシップ 2015/2/6(金)

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の監督、原作者と大バトル?

2月13日(金)に日米同時公開される映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。監督のサム・テイラー=ジョンソンが原作者との確執を赤裸々告白!

サム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson),E・L・ジェイムズ(E. L. James)

サム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson),E・L・ジェイムズ(E. L. James) photo : Getty Images

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の公開を前に、オンラインマガジン「Porter」のインタビューに答えたサム・テイラー=ジョンソン監督。撮影中、原作者のE・L・ジェイムズと対立していたことを明らかに。「彼女とはケンカになったわ。クリエイティブな争いだったし、解決できるものではあったけれど口論になった。原作に対して彼女がもっているビジョンと私がスクリーン上に描かなくてはならないもの、両方を満たす方法を見つけ出さなくてはならなかった」と赤裸々に語ったそう。
 
インタビューのなかでは原作に対する見解も。「とても素晴らしい物語だと思った。暗くてねじれたおとぎ話でとてもロマンチック。困難に満ちていて、ロマンスと暗さが絡み合っているところがとても面白いと思った」という監督。一方、原作者ジェイムズも「サムはクリエイティブでとても才能のある人。作品を理解していて、一緒に飲みに行きたいタイプ」とコメントしているそう。お互いをリスペクト、でも作品のためには妥協せずに闘うあたり、やはり2人とも大人の女!
 
ちなみに監督曰く、お互いのビジョンを満たす方法は見つかったとか。このバトルの成果はスクリーンで要チェック!

text : Yoko Nagasaka

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ海外セレブゴシップ一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト