芝居は命がけ。スタント大失敗で重傷事件簿
2017/09/03(日)
> <

4/6

ジェイミー・アレクサンダー(Jaimie Alexander) photo : Getty Images

ジェイミー・アレクサンダー(Jaimie Alexander) photo : Getty Images

ジェイミー・アレクサンダー

『マイティ・ソー』シリーズで美しき女戦士シフを演じるジェイミーは、シリーズ第二弾『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』撮影中に負傷。早朝のスタジオ撮影だったうえ、夜のシーンなので現場は暗く、さらには人口雨まで降っていたという状況。鉄製の階段を駆けのぼるシーンで足を踏み外して胸椎と椎間板を打撲し、脊椎の11本目を骨折。さらに背中の菱形筋が裂け、左肩を脱臼。一歩間違えば、下半身不随になる可能性もあったとか。安静を余儀なくされ、緊急入院したジェイミーが現場復帰するまでに1ヶ月以上もかかってしまったそう。主演ドラマ「ブラインド・スポット タトゥーの女」でもスタント演技にチャレンジしてるから、また怪我をしないか心配。

Text : Peaches

    • セレブウォッチャー・ピーチズ/セレブゴシップ命の映画ライター。365日24時間体制(!?)でジューシィな最新ネタをパトロール中!

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へセレブコラム一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト