>
大出 整さん(総合商社勤務・営業担当)
<

8/9

大出 整さん(総合商社勤務・営業担当)

Q1:女性にはどんな香りをまとってもらいたいですか?
その女性がもつ雰囲気やパーソナリティの特徴をどこかに感じさせる、記憶に残る香り。素敵な香りで、その人がもっと印象深くなるから。
 
Q2:忘れられない香りはありますか?
「Clean」のWarm Cotton。ユニセックスの香りですが、僕にとって、清潔感と言うキーワードで、まず思い浮かぶのがこのフレグランス。名前の通り、洗い立てのタオルのような清々しくて、少しノスタルジックな香りです。昔あるパーティで知り合った女性がこの香りをまとっていたんです。彼女をひと目見た瞬間から、エレガントで清潔感のある素敵な女性だなとは思っていたのですが、会話を始めたときに、彼女のまとっていたこの香りを感じて、彼女に対するイメージがより好印象になったのを覚えています。 
 
Q3:香りをまとった女性を、「素敵だな」と思う瞬間は? 
その女性のファッションと香りがぴったりと合っているとき。醸し出す雰囲気に、香りのイメージが重なることで、より洗練された印象になると思います。
 
Q4:フレグランスのマナーとして「台無し!」と思うNG場面は? 
その人のパーソナリティからかけ離れた香りをまとっている女性には、なんとなく違和感を覚えてしまいます。あとは、つけすぎもNGですね。強烈すぎて、逆効果です。

  • 【プロフィール】 
    大出 整さん(総合商社勤務・営業担当)
    33歳・A型 
     
    ★ファッションのポリシー/自分のもつパーソナリティや雰囲気に合ったファッション 
     
    ★理想のタイプの女性/島田順子さん
    自分に素直で正直。人生を思い切りエレガントにエンジョイしている女性だから。毎回お会いするたびに感銘を受けます。

「男子のフレグランス本音白書 2012」トップへ

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト