>
間山雄紀さん(スタイリスト)
<

4/9

間山雄紀さん(スタイリスト)

Q1:女性にはどんな香りをまとってもらいたいですか? 
最近とみに匂いに敏感になってきたので、自分の好みではない香りがあまりにも強く感じられるのは少々苦痛です。好きなのは、男性用・女性用ともにスパイシーな香り。個人的には、フローラルが強すぎたり、甘ったるい香りはあまり好みじゃないかも……。香りといえば、自分が長身のせいか、女性の髪の匂いが気になることも多いです。 汗臭いのはNGですが、あまりにヘアプロダクト臭が強いのも苦手。「あ、この人、昨夜洗ってないかも?」っていうのもすぐわかりますよ(笑)。
 
Q2:気になるレディースフレグランスは?
「イブ・サンローラン」のオピウム。オリエンタルな感じが最高にシックで好きです。名前も最高! あと気になっているフレグランスとしては、パリ在住のアメリカ人ジュエリーデザイナー、JOEL ARTHUR ROSENTHAL(通称JAR)のお店でしか買えない香水。お店はアポイント制で、そぐわない、と判断された場合は売ってもらえません(ジュエリーはさらにハードルが高くて、庶民には手が届くものではありませんが……)。ジュエリーはそれはそれは素敵なので、香水もどんな香りがするのか気になっています。
 
Q3:忘れられない香りはありますか?
以前、ハロウィンのパーティにデヴィ夫人がいらしていて、彼女の周りはパフュームの良い香りが漂っていて、彼女がその場を立ち去った後も、その残り香が辺りにしばらく充満していました。それがとても優雅であり、彼女はその場にもういないにも関わらず、その圧倒的な存在感を示しているようでした。つけ過ぎ一歩手前のギリギリなラインを越えず、すごく年季の入った香りの纏い方だと思いました。
 
Q4:香りをまとった女性を、「素敵だな」と思う瞬間は?
少し後になって香る感じはとても素敵だと思います。主に夜だと、ついて行きたくなってしまいますね(笑)。
 
Q5:フレグランスのマナーとして「台無し!」と思うNG場面は?
香水以外のさまざまな香りは意外と盲点。結構麻痺していることが多いですよね。インセンス系の匂いが強い女性もいますし、密室は他人の存在も気にしてほしい。朝の電車内、結構混み合っているときに、若い女性がおもむろにハンドクリームを取り出し、手に塗り始めたことがありました。その匂いが結構強烈なフローラル系で、こともあろうに僕の苦手な香り! 本人は何度も使用しているからその匂いに麻痺しているのだと思いますが、電車のような密室空間は配慮が必要かも。見ず知らずの他人から香りを強制されるのは、結構辛いと思います(笑)。レストランで、隣りのテーブルの見ず知らずの女性から漂う香水も迷惑。連れならいいのですが(笑)。レストランではむしろつけない方がベターでしょうね。その次に行くバーなどでお願いしたいです。あとは、ジムで匂うフレグランスも苦手です。ジムでは唯一、 柔軟剤の匂いのみOKじゃないでしょうか。

  • 【プロフィール】
    間山雄紀さん(スタイリスト)M0所属 
    ★ファッションのポリシー/やりすぎないこと。過度なレイ ヤードをしない。CHICであり、シンプルであること。
     
    ★理想の女性のタイプ/70'sに活躍した女優
    >>モードの最前線で活躍する間山さんのblogはこちら

「男子のフレグランス本音白書 2012」トップへ

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト