特集(エディターズPICK)
2016/05/27(金)

エル・エディターがカンヌを総括! ビューティルックのOK&NG

煌びやかなムードを残したまま、閉会した第69回カンヌ国際映画祭。参加していたセレブたちは、連日上映会やフォトセッションに参加するなど、美に対しても気合十分! そこで今回は、日々セレブをくまなくパトロールしているエルのビューティチームが、今年のルックを一刀両断! お手本にしたいセレブを早速チェック!

> <

5/5

キルステン・ダンスト(Kirsten Dunst)

キルステン・ダンスト(Kirsten Dunst)

【おまけ】「残念だったで賞」をあげるなら……?

N:大変!! キルステン・ダンストの様子がなんだか……。
 
T:えっ、ちょっと待って。『バージンスーサイズ』に『スパイダーマン』と、彼女のキャリアを考えると、まだ30代前半だよね?
 
M:ファンデーションが濃すぎて、肌がパキパキになってしまっているし、首元にも年齢が表れていて何だか心がザワつく。
 
N:コンペティション部門の審査員ということもあって気合いが入り過ぎてしまったとはいえ、ちよっぴり残念。どうすれば彼女らしさが出ると思う?
 
T:まずは、しっとりとしたベースメイクにアップデートするべきだと思う。古いバージョンのものを使い続けているのか、お悩みを隠したいのかはわからないけど、もともとは美しい白肌だと思うから、パウダーをふんわりのせる程度でよい気がするな。
 
M:あと、リップも輪郭を取り過ぎない方がよいかと。肌がマットなのであれば、リップはシアーな質感でバランスをとってほしいところですよね。
 
N:そしてやっぱり笑顔でいてほしい。この表情を見る限り、プライベート含めていろいろと心配。年代問わず、やはり笑顔が大切ってことですね。

photo :Getty Images

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト