パリジェンヌは今、“オリジナル”な香りに夢中

パリジェンヌのスタイルに欠かせないアイテム。それが“香り”。纏う人のキャラクターすらも決めることもあるユニークな香水は、個性を大事にするパリジェンヌにとってマストハブなもの。そこで今、新しいオリジナル香水ブランドが次々に生まれるパリにて、最旬ベスト5を取材! パリで最先端の香りを手に入れたいなら、是非参考に。

>
buly
<

(上)夫であるアートディレクター、ラムダン・トゥアミによるインテリア。 (左下)ルームフレグランスにも使える小石状のお香は、量り売り。(右下)化粧水「Eau Triple」 (110ユーロ)はメキシコのバラの香り。

Photo : Yusuke Kinaka

1/11

美と香りの宝庫「ビュリー」

静謐な空間で量り売りされるお香。それをグレーや茶色の素朴な紙袋に入れて。そしてラベルには自分の、ときには贈る相手の名前も書いて……。手にした香りを部屋に持って帰るまで、すべてにおいてビューティセレブ、ヴィクトワール・ドゥ・タイヤック本人による“禅的”なわびさびを味わえるビューティショップ、「ビュリー」。
 
ラベルや箱のデザインはアーカイブの図版(「ビュリー」というブランド自体は1803年に設立された)で、特に手の絵が人気。店のインテリアとパッケージ、それに香水や石けんなどの香りのセレクトは、すべて夫が手掛けた。いっぽう、化粧品や美容グッズのセレクトはすべて彼女によるもの。

  • 『エル・ジャポン』10月号でもパリジェンヌがおすすめ!
     
    ビュリーはジャーナリストのダフネもお気に入りアドレスに選出。詳しくは発売中の『エル・ジャポン』2014年10月号P145をチェック! 

「パリジェンヌは今、“オリジナル”な香りに夢中」トップへ
    • BULY 
      6,Rue Bonaparte 75006 Paris
      tel. 01 43 29 02 50
      営業時間/10:00~19:00
      定休日/日曜
      http://buly1803.com/

MORE TOPICS

SHARE THIS ARTICLES

前の記事へ特集(エディターズPICK)一覧へ次の記事へ

CONNECT WITH ELLE

エル・メール(無料)

メールアドレスを入力してください

ご登録ありがとうございました。

ELLE CLUB

ようこそゲストさん

ELLE CLUB

ようこそゲストさん
ログアウト